武富葉子


電話:096‐342‐3422
Fax:096‐342‐3431
E‐mail:taketomi@gpo.kumamoto-u.ac.jp


1.研究内容

 無脊椎動物の体内調節機構を形態学的、生化学的に研究する事を目的とする。現在、甲殻類に属する動物を対象としている。甲殻類の多くの生理現象は二つの系によって調節されている。
 一つは眼柄内に存在するX器官−サイナス腺系に代表される神経分泌系である。他の一つは上皮性の腺性内分泌器官であるY器官、大顎器官、造雄腺である。これら神経内分泌系、内分泌器官について、形態学的手法を主体とし、実験形態学的方法を加えて、その機能やホルモンの化学的性質について研究している。材料は甲殻類、十脚目の爬行類、異尾類、遊泳類、短尾類、や等脚目に属する動物を使用している。

 1.甲殻類の中枢神経系、眼神経節における神経分泌現象に関する研究

 2.甲殻類の上皮性内分泌器官について:造雄腺の形態学的研究、機能、更にホルモンの抽出、精製に関する   研究

 3.甲殻類における他の上皮性内分泌器官、Y器官と大顎器官に関する研究

 4.甲殻類の短尾類に寄生するフクロムシの研究


2.著書

 Atlas of Endocrine Organs (edited by A. Matsumoto and S. Ishii) Endocrine System of Crustaceans pp. 207- 226. Spring-Verlage, New York. 1993.  


3.論文


4.講演発表


5.学生       M1 中原 豊
           4年 栗元 美代子
               洲崎 愛
               松田 憲昌