Tani Laboratory, Dept. of Biological Science, Fac. of Science, Kumamoto Univ.

 


谷研究室へようこそ。

近年ヒトを含む数種類の生物においてゲノムプロジェクト(ゲノム全塩基配列の決定)がほぼ終了したことに伴い、本格的なポストゲノム研究の時代を迎えつつあります。ポストゲノム研究では、遺伝子の転写後(RNAレベルでの)発現制御機構の解明が注目されています。私達は分裂酵母を主なモデル生物として、RNAレベルでの遺伝子発現調節機構のうち、mRNA(メッセンジャーRNA)のスプライシング、及び核から細胞質へのmRNA輸送の分子機構を研究しています。


分裂酵母変異株におけるmRNA局在の解析

 
■■ 
 


研究内容


発表論文・業績


メンバー


研究室の風景


研究室の場所


リンク

谷研究室掲示板
 Tanilab@ウィキ

 

第6回細胞核ダイナミクス研究会をお世話しました

"Thermotolerance in mRNA export" (Yoshida et al.)の論文データが
Cell Structure and Function の表紙を飾りました!
表紙はこちら

第6回RNAミーティング(日本RNA学会年会)を御世話しました。
学会のスナップ写真をアップ!


熊本日日新聞7月8日朝刊にインジェクションの研究が紹介されました。
「細胞核に新たな構造体発見」

熊本日日新聞7月23日朝刊「フロントランナー」に紹介記事が掲載されました。

講議

- 2001年6月20日開設 -

 

熊本大学 理学部 生物科学科 生体機能学講座 谷研究室
Tani Laboratory, Dept. of Biological Science, Fac. of Science, Kumamoto Univ.

Tel & Fax...(096)342-3461
mail...ttani@sci.kumamoto-u.ac.jp

ホームページ作成・管理 ... 松下桐子

熊本大学理学部生物科学科へ