Researchへ戻る

第24回日本分子生物学会 (2001年12月、横浜市 パシフィコ横浜)
 
cut表現型を示す分裂酵母mRNA核外輸送変異株における核/細胞質間輸送
 
○井手上賢1、久保田真理1、柳田充弘2、大島靖美1、谷時雄3
(1九大院・理・生物科学 2京大院・生命科学 3熊本大・理・生物科学)
 
 遺伝子の転写の場である核と、蛋白質が合成される場である細胞質が核膜により区画化されている真核生物において、mRNAの核から細胞質への輸送は遺伝子発現の必須過程となっている。我々はmRNAの核外輸送機構を解析するため、9株の分裂酵母mRNA核外輸送温度感受性変異株(ptr : poly(A)+RNA transport)を単離し、それらの原因遺伝子のクローニングと解析を進めてきた。
 今回290株からなるtsバンクを新たにスクリーニングし、制限温度下で核にmRNAを蓄積する新規mRNA核外輸送変異株(ptr10)と、mRNAが核内に蓄積する表現型に加え、核が分裂し切らないうちに細胞質分裂を起こすcut (cell untimely torn)と呼ばれる表現型も示す3株の新規ptr候補株を得た。興味深いことに、既存のptr変異株のうちptr4cut1+遺伝子に変異を持つ。そこで既に分離されているcut 変異株(cut1~15)について制限温度下でのmRNA輸送阻害について解析したところ、大部分のcut変異株においてmRNAの核への蓄積が観察された。また、Destruction boxに変異を持つCut2pの過剰発現により人為的にcut表現型を誘導し、mRNAの核外輸送阻害を調べたところmRNAの核への蓄積はcut表現型が現れるよりも後で観察された。更に、NLS-GFP融合蛋白質を用いて核への蛋白質移行を解析したところ、cut表現型を示す細胞ではマーカー蛋白質の核内移行が阻害されていた。これらの結果は、核膜の強制的な分断により核/細胞質間輸送が阻害される可能性、もしくは染色体分離の異常がRanなどの因子を介して輸送に影響を与えている可能性を示唆している。