Researchへ戻る

第24回日本分子生物学会 (2001年12月、横浜市 パシフィコ横浜)
 
XPB/ERCC3の分裂酵母相同因子Ptr8pはmRNAの核外輸送に関与する
 
○ 水城史貴1, 並木健1, 古川博美1, 大島靖美1, 谷時雄2
(1九大院・理・生物科学 2熊本大・理・生物科学)
 
 我々はmRNAの核外輸送機構に関与する因子群を同定する目的で、制限温度下で核にpolyA+ RNAを蓄積する10個の分裂酵母温度感受性変異株(ptr1〜10:poly A+ RNA transport)を分離した。それらの中で、ptr8変異株の原因遺伝子は基本転写因子複合体TFIIHの構成因子であるヒトXPB/ERCC3と高い相同性を示すタンパク質をコードしていた。ptr8変異株では制限温度下にシフトすると、poly A+ RNAの核への蓄積がin situ hybridizationによって検出された。
 今回、ptr8変異株におけるpoly A+ RNAの蓄積がmRNAの核外輸送阻害に起因することを検証するために、35S-Metを用いタンパク質合成のパルスラべリング解析を行った。その 結果、ptr8変異株では制限温度下で予想通りタンパク質合成の顕著な減少が見られ、mRNAの核外輸送が阻害されていることが示された。また、ptr8変異株において制限温度下で輸 送されなかったmRNAの核内における蓄積部位を調べるために、オリゴdTプローブ、抗フィブリラリン抗体、DAPIを用いた三重染色を行った。その結果、mRNAは核小体以外のクロマチン領域に蓄積し、核中に1〜2個のmRNAが多量に蓄積する部位が見られた。更に、ptr8 変異株におけるタンパク質の核外輸送阻害の有無をGST-NLS-GFP-NESを用いて解析したが、制限温度下においてもGFPマーカータンパク質の核外輸送に有意な阻害は検出されず、ptr8変異株における核外輸送阻害はmRNAに特異的であることが示された。以上の結果は、Ptr8pが遺伝子の転写やDNA除去修復のみではなく、mRNAの核外輸送過程にも深く関与していることを示している。