顕微鏡解析室

Laboratoryのページへ


冷却CCDカメラ装着落射型蛍光顕微鏡

mRNAや蛋白質の細胞内分布を蛍光標識して解析することに用いています。冷却CCDカメラはCCDを-35℃で冷却することで熱雑音(暗電流)によるノイズを低下させ、微弱な蛍光像を鮮明に撮影できます。蛍光多重染色した細胞の解析に威力を発揮しています。オリンパス社製です。 


蛍光顕微鏡画像解析システム

落射型蛍光顕微鏡(レンズとフィルターは自動交換可)、冷却CCDカメラ、コントローラ、画像解析用のコンピューター(解析ソフト:IPLab)から構成されています。


ニコン蛍光顕微鏡

こちらのニコン製蛍光顕微鏡にもCCDカメラシステムを設置してあります。右側のパソコンに画像を取り込みます。画像解析ソフトはNIS Elementsです。

 

 

 

 


ライカ共焦点レーザー顕微鏡システム

レーザー光を用いて、厚みのあるサンプルに対して、特定断層面の蛍光画像を撮影します。3次元画像の構築、タイムラプス画像撮影(時間を追って撮影する)、タンパク質やRNAの細胞内での挙動を調べるFRAP(Fluorescence Recovery After Photobleaching)解析などに用います。

ライカ共焦点レーザー顕微鏡システムの全体。

 

 

 

  


小型CO2インキュベーター

温度、湿度、及びCO2濃度を一定に保ち、動物細胞を培養できるインキュベーターです。

Laboratoryのページへ

RNA実験室1  ■RNA実験室2  ■RNA実験室3  ■顕微鏡解析室  培養室

トップページ