Welcome

 量子ビーム

D活性サイト科学研究室

 

最近のニュース

 

1月21日(金)

論文’Local structure analysis on yttria-stabilized zirconia by x-ray fluorescence holography’e-Journal of Surface Science and Nanotechnologyに掲載されることが決定しました。キュービックジルコニア結晶のYおよびZrのまわりの異なった格子ひずみを蛍光X線ホログラフィーによって明らかにしました。


1月20日(木)

解説論文「量子ビームを用いたアモルファス構造解析の新展開」が固体物理57巻1月号より小特集「アモルファスカルコゲナイド半導体の物性と応用(その1)基礎物性と応用」で発刊されました。量子ビーム(放射光と中性子)を用いた最近の非晶質の構造研究の解説を行ったのち、それらを組み合わせて得られたGe-Se系カルコゲンガラスの中距離構造の特徴を紹介しました。


1月13日(木)

論文’Three-dimensional atomic image of FeSe high-temperature superconductor by x-ray fluorescence holography’e-Journal of Surface Science and Nanotechnologyに掲載されることが決定しました。最も単純なFe系高温超伝導体FeSeの原子構造を蛍光X線ホログラフィーで観測しました。


1月7日(金)

第35回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウムで’Gd65Co35金属ガラスの温度サイクルによる若返り効果と弾性的不均質性‘および’Pd系金属ガラスの超秩序原子構造とガラス形成能’の口頭発表を行いました。


11月30日(火)

27日より、SPring-8のBL12B2台湾ビームラインで蛍光X線ホログラフィー実験を、広島市大の八方君や名工大の木村君と行いました。


11月27日(土)

22日より、SPring-8のBL43LXUで、分子性液体のX線非弾性散乱実験を、福岡大学の吉田さんや名古屋大の山口さんと行いました。


11月26日(金)

雑誌「固体物理」にレビュー論文’量子ビームを用いたアモルファス構造解析の新展開’の掲載が決定となっていることがわかりました。X線異常散乱や中性子回折によるアモルファス構造研究の最近の進展を解説しました。


11月20日(土)

15日から、SPring-8のBL13XUでX線異常散乱実験を、NIMSの小原さんや広島大学のJens君と行いました。


11月12日(金)

鳥栖市の九州シンクロトロン光研究センターのBL15で、X線異常散乱実験を行いました。熊本大学の松田君と広島大学のJens君が参加しました。


11月10日(水)

4日より広島大学のHiSORで、金属ガラスの逆光電子分光実験をしました。


11月3日(水)

10月30日から、SPring-8のBL13XUでX線異常散乱実験を、NIMSの小原さんや京大の小野寺さんと行いました。


10月27日(水)

23日よりKEK-PFのBL6Cで蛍光X線ホログラフィー実験を広島市大の八方君と行いました。


10月25日(月)

23日よりKEK-PFのBL13Aで軟X線発光分光測定を弘前大の手塚さんと行いました。


10月21日(木)

18日から、SPring-8のBL13XUでX線異常散乱実験を、東大の脇原グループやNIMSの小原さんと行いました。


10月11日(月)

BL35XU/SPring-8において、6日から11日までX線非弾性散乱実験を行いました。広島大の乾君、JASRIの筒井さん、東北大金研の林君が参加しました。帰りに岡山駅でハローキティ新幹線に出会いました。


10月1日(金)

東北大学金属材料研究所の加藤研究室を9月28日より訪問し、共同研究を行いました。


9月26日(日)

学術変革領域研究(A)「超秩序構造が創造する物性科学」の第2回成果報告会が名古屋工業大学で行われ、参加しました。


9月20日(月)

日本物理学会2021年秋季大会で、2件の口頭発表’硬さ転移に伴うAs-Seガラスの詳細な局所構造研究‘および’蛍光X線ホログラフィーによるFe3O4価数混合結晶の構造と原子位置ゆらぎ‘を行いました。


9月16日(木)

日本金属学会2021年秋期講演大会で、口頭発表’温度サイクルによるGd65Co35金属ガラスの若返り効果と原子構造の変化’を行いました。


9月10日(金)

研究課題‘放射光を用いた機能性ゼオライトの原子配列・電子構造そしてダイナミクスの研究’が科研費・学術変革領域研究(A)「超秩序構造科学」の公募研究に採択されました。


鳥栖市の九州シンクロトロン光研究センターのBL15で、X線異常散乱実験を行いました。広島大学のJens君が参加しました。


論文’Low energy excitation in liquid Sb and liquid Bi observed in inelastic x-ray scattering spectra’Journal of Physics: Condensed Matter 33, 475101-1-8 (2021)に掲載されました。広島大の乾君が液体Sbの格子振動についてX線非弾性散乱で液体Biと比較して研究しました。


8月23日(月)

論文’Low energy excitation in liquid Sb and liquid Bi observed in inelastic x-ray scattering spectra’Journal of Physics: Condensed Matterに掲載されることが決定しました。広島大の乾君が液体Sbの格子振動についてX線非弾性散乱で液体Biと比較して研究しました。


第15回九州シンクロトロン光研究センター研究成果報告会で、依頼講演’X線異常散乱による金属ガラスの若返り効果の原子配列の変化の研究’を行いました。


8月19日(木)

25th General Assembly and Congress of the International Union of Crystallographyのマイクロシンポジウム‘Disordered materials: spectroscopic and scattering techniques’で招待講演‘Hyper-ordered structures and glass-forming abilities of Pd-based metallic glasses’を行いました。X線異常散乱、中性子回折のデータを逆モンテカルロ法によりPd系金属ガラスの原子配列を求め、その中距離原子構造に潜む特徴とガラス形成能の関係を示しました。


8月16日(月)

論文’Longitudinal acoustic and higher energy excitations in liquid phase change material Ge2Sb2Te5Physical Review B 104, 064202 (2021)に掲載されました。広島大の乾君が液体Ge2Sb2Te5の格子振動についてX線非弾性散乱で研究しました。


8月13日(金)

論文’A cryostat designed for x-ray fluorescence holography experiments down to 4 K’Review of Scientific Instruments 92, 083703 (2021)に掲載されました。科学研究費基盤Bの助成を受け、4 Kまでの超低温での蛍光X線ホログラフィー実験装置を完成させました。


8月1日(日)

論文’A cryostat designed for x-ray fluorescence holography experiments down to 4 K’Review of Scientific Instrumentsに掲載されることが決定しました。科学研究費基盤Bの助成を受け、4 Kまでの超低温での蛍光X線ホログラフィー実験装置を完成させました。


7月23日(金)

Scopusによれば、論文‘Transverse acoustic excitations in liquid GaPhysical Review Letters 102, 105502-1-4 (2009)が100回引用されました。


7月21日(水)

広島大学の乾君を19日より訪問し、研究打ち合わせを行いました。


7月16日(金)

東北大学金属材料研究所の市坪研究室を12日より訪問し、共同研究を行いました。


7月15日(木)

論文’Collective particle dynamics of molten NaCl by inelastic x-ray scattering’Journal of Physics: Condensed Matter 33, 375103-1-12 (2021)に掲載されました。ISISのFranzが溶融NaClの格子振動についてX線非弾性散乱で研究しました。


7月11日(日)

今年8月14-22日にプラハで開かれるIUCr2021国際会議に提出していたアブストラクト‘Hyper-ordered structures and glass-forming abilities of Pd-based metallic glasses’が招待講演として受理されました。


7月8日(木)

ベンチャーラボ・衝撃極限環境研究実験棟VBL601号室へ引っ越しました。電話も変わって、096-342-3806となりました。


7月7日(水)

論文’Longitudinal acoustic and higher energy excitations in liquid phase change material Ge2Sb2Te5Physical Review Bに掲載されることが決定しました。広島大の乾君が液体Ge2Sb2Te5の格子振動についてX線非弾性散乱で研究しました。


6月25日(金)

論文’Collective particle dynamics of molten NaCl by inelastic x-ray scattering’Journal of Physics: Condensed Matterに掲載されることが決定しました。ISISのFranzが溶融NaClの格子振動についてX線非弾性散乱で研究しました。


6月21日(月)

BL35XU/SPring-8において、8日から14日まで広島大の乾君と、14日から21日まで東北大金研の市坪研究室と共同で、X線非弾性散乱実験を行いました。


6月3日(木)

5月28日からKEK-PFのBL6Cで蛍光X線ホログラフィー実験を広島市大の八方君や広島大のJens君と、6月1日よりBL13Aで軟X線発光分光測定を弘前大の手塚さんや佐賀大の石渡さんと行いました。


5月23日(日)

18日から、SPring-8のBL13XUでX線異常散乱実験を、広島大のJens君と行いました。


5月22日(土)

日本真空表面学会総会に参加するとともに、川合眞紀先生の特別講演をオンラインで拝聴しました。


5月20日(木)

DFGプロジェクトが開催したLadies' Day講演会に参加し、5つの講演を拝聴しました。


5月18日(火)

マールブルク大学のAnorganisch-Chemisches Kolloquium (ACK)に参加し、MITのCummins教授の講演を拝聴しました。


5月17日(月)

13日から、SPring-8のBL39XUで蛍光X線ホログラフィー実験を、広島市大の八方君や名古屋工大の木村君と行いました。


5月12日(水)

10日から東京大学物性研究所短期研究会「ガラスおよび関連する複雑系の最先端研究」に参加しました。


4月30日(金)

28日から、広島大学でJens君と試料作成および論文執筆の方針の打ち合わせを行いました。


4月24日(土)

23日から、SPring-8BL37XUで蛍光X線ホログラフィー実験を、広島市大の八方君や名古屋工大の木村君と行いました。


4月21日(水)

鳥栖市の九州シンクロトロン光研究センターのBL15で、蛍光軟X線ホログラフィー実験を行いました。中島さんと奈良先端大の橋本さんが参加しました。


4月17日(土)

13日から、SPring-8ののBL12B2台湾ビームラインで蛍光X線ホログラフィー実験を、広島市大の八方君、名古屋工大の木村君や奈良先端大の橋本さんと行いました。


4月9日(金)

IRNセミナーに参加し、Marcさんの講演を聞きました。


4月1日(木)

熊本大学産業ナノマテリアル研究所の特任教授になりました。

細川伸也

熊本大学 産業ナノマテリアル研究所

特任教授

860-8555 熊本市中央区黒髪2-39-1

ベンチャーラボ・衝撃極限環境研究実験棟VBL601号室

Tel./Fax. 096-342-3806 

E-mail: shhosokawa(at)kumamoto-

u.ac.jp


科研費・学術変革領域研究(A)「超秩序構造科学」公募研究者

ドイツDFG・メルカトル・フェロー

CREST  研究参加者