崇城大学非常勤


線形代数学IおよびII(宇宙)

線形代数は、多くの変数をシステマティックに扱う理論であり、工学の様々な場面で利用される。この講義では、線形代数の基本概念(行列、行列式、固有値)を学ぶとともに、計算を通じてその理解を深めることを目的とする。


定期試験問題の解答です.


確率・統計(ナノ,建築)

統計学は様々な分野で広く利用されています.ここではそのもっとも基礎となる部分を解説します.


行列と行列式(ナノ)

昨年まで線形代数学IおよびIIとして1年かけて学習していましたが今年からは後期のみの開講になります.行列を2次と3次に限定して,計算方法と基本的な概念の理解を目指します.