→最近の活動

⇒top    


大学院 自然科学研究科 複合新領域科学専攻

氏名 学年 研究テーマ 研究発表
長谷川 怜思 博士3年 小石原川・佐田川扇状地における水環境の将来予測   
小坂 寛 博士2年 地形変化及び気候変動による地下水流動
の長期的変化に関する研究 
 
高本 尚彦 博士2年 水文トレーサーの深度プロファイル
および
物質移行解析手法を用いた
霞ヶ浦および銚子における地下水特性の長期変動解明
 
井手 淨 博士3年 火山体における地下水流動機構と水質形成過程に関する研究 こちら
Shahadat
Hossain
 博士3年 Inverse geochemical modeling of groundwater evolution with especial
emphasis on geochemical weathering processes and trace element
mobility in Kumamoto groundwater area, Japan
こちら 
 伊藤 ゆい 修士2年 study theme has not be decided こちら
 伊藤 沙希 修士2年 持続的地下水利用を目指した地域水利用と農業生産活動の連携
−三次元地下水流動モデルを用いた地域水・土地利用の変更に伴う
浅層不圧帯水層中の地下水量・水質(硝酸性窒素)への影響解析−
こちら
奥村 梓 修士1年 study theme has not be decided こちら


大学院 自然科学研究科 理学専攻

氏名 学年 研究テーマ 研究発表
Halda Aditya Belgaman
博士2年 study theme has not be decided こちら
Ahmad Taufiq  博士1年 study theme has not be decided   こちら


理学部 地球環境科学コース

氏名 学年 研究テーマ 研究発表
副島梨沙子 学部4年 熊本地域の硝酸性窒素の負荷域における地下水年代の解明  
中島俊樹 学部4年 阿蘇カルデラ流域内の農耕活動により促進される
化学風化の特徴
 
本田雄大 学部4年 日本全域における降水中の微量金属元素濃度を用いた
越境汚染の影響評価
-2013年集中観測の結果-
 





大学院 自然科学研究科 複合新領域科学専攻

 氏名  卒業年度 研究テーマ   卒業後の進路
Yaser Nikpeyman
(博士後期課程)
2014 The evaluation of SGD input toward the inland sea by using 222Rn method  Department of geology faculty of sciences,
Yazd University Iran
工藤 圭史
(博士後期課程)
2014 異なる地表面植生条件化おける地下水涵養量の
定量的把握及びそれに起因する
土壌浸透特性・流出特性の比較
国際航業株式会社
 Don Lin Yao
(博士後期課程)
 2014 Analytical study to understand groundwater flow system and surface warming effect using subsurface thermal regimes 
A case study in Kumamoto area, Japan
地下水温を用いた地下水流動系および地表面温度上昇効果の解析
−熊本平野を例として−
Changjiang River
Scientific Research Institute,
Wuhan, China 
工藤 圭史
 2011 異なる地表面植生条件化おける地下水涵養量の
定量的把握及びそれに起因する
土壌浸透特性・流出特性の比較 
熊本大学大学院自然科学研究科
博士後期課程 
小野 昌彦
(博士後期課程)
 2011 溶存222Rn濃度を用いた熊本市江津湖における
地下水湧出の実態把握と定量的評価  
独立行政法人 産業技術総合研究所
特別研究員 
 Ako Andrew Ako
(博士後期課程)
 2011  Use of hydrochemical and isotopic methods
in the study aof groundwater quality in the Mbanga,
Njombe and Penja agro-industrial are- Cameroon 
 カメルーン鉱山・地質研究所 
研究員
利部 慎
(博士後期課程)
2010 火砕流帯水層における地下水流動の比較研究
-熊本とジャカルタ- 
熊本大学 大学院
自然科学研究科 特任助教(GelK)
 三上 久美子
(博士後期課程)
 2010  浅層地下水から深層地下水に至る過程での
脱窒プロセスの検証
-都城盆地の事例について-
 山口県立萩商業高校教諭


大学院 自然科学研究科 理学専攻

氏名 卒業年度 研究テーマ 卒業後の進路
永松 拓土  2014 安定同位体を用いた、台風の水循環の解明 株式会社 メンバーズ 
田上 雅浩 
(博士後期課程)
2013 日本全国における降水の安定同位体比の時空間変動特性と
水蒸気起源の解析 
東京大学大学院工学系研究科 
Rusmawan Suwarman 
(博士後期課程)
2013 The Variability of Stable Isotope in Precipitation over Indonesia Maritime Continent   ITB(バンドン工科大学)
松永 緑
2012  都城盆地における硝酸性窒素の地下水流動に伴う
挙動および起源の解明(仮)
熊本大学 大学院
自然科学研究科 研究員(CREST)
 瀬口 尚也 2011  水の安定同位体比を用いたトウモロコシの成長に伴う
蒸発散の変化の解明
家業継承
 徳永 貴大 2011  熊本地域における地下水中の硝酸性窒素の起源
および流動に伴う挙動の解明
 サンコーコンサルタント株式会社
 岡村 奈保 2010 気温・降水量の変動が日本全国の一級水系流出に及ぼす
中〜長期的影響の考察
肥後銀行 
 佐藤 透 2010 比抵抗探査と水の安定同位体比を用いた
低水ストレス下でのトウモロコシの利用水源変化の把握
西松建設株式会社 技術研究所
 田上 雅浩 2010 熊本における降水安定同位体比の変動メカニズムに関する研究  熊本大学大学院自然科学研究科
博士後期課程
 本高 雄大 2010 熊本県荒尾市における人間活動による地下水質変化に関する研究
-塩水化メカニム及び硝酸性窒素汚染について-
株式会社ケイハン 
 井手 淨 2009  霧島火山群周辺湧水の水質特性と滞留時間 正晃株式会社 
深見 大介 2008 筑後川扇状地及びその周辺地域における
CFCsを用いた地下水滞留時間の把握
西部ガス株式会社
山宮 和智 2008 比抵抗探査法の水文学への応用研究
比抵抗法による宙水帯水層貯留量の定量的評価
-不知火マムシ谷源流域における事例-  
日鉱金属株式会社 
小野 昌彦 2007 比抵抗法を用いた山地源流域における
地下水構造の把握
熊本大学大学院自然科学研究科
博士後期課程
末田 智也 2007 トウモロコシ群落における水収支に関する研究 気象庁
野田 尚子 2007 熊本県全域における地下水の広域水文化学特性に関する研究 エア・ウォーター株式会社


理学部 理学科 地球環境プログラム

氏名 卒業年度 研究テーマ 卒業後の進路
石井 智久 4年 地下水流動場での85Krトレーサーによる地下水年代評価
-都城盆地・熊本地域での事例-(仮)
 宮崎市役所
奥村 梓 4年 沖縄県南大東島における淡水レンズ形状把握に基づく
地下水賦存特性の評価(仮)
 熊本大学大学院自然科学研究科
川中 雄大 4年 森林流域での降雨流出過程における
ラドントレーサーの有用性評価(仮)
 
西部ガス株式会社 
黒木 彰 4年 都城盆地帯水層の酸化還元環境と脱窒機構の解明(仮)  株式会社えがお
吉國 司 4年 日本全域における降水の安定同位体比の時空間変動
−2013年集中観測の結果−(仮)
 
 
伊藤 沙希 2013 二毛作水田における地下水中の
硝酸性窒素濃度変化の定量的評価
 
 熊本大学大学院自然科学研究科
重信 裕美 2013 秋田における
降水安定同位体比の季節変動要因
 
鹿児島県立伊集院高等学校
非常勤講師
森川 普太 2012 比抵抗探査を用いた阿蘇西麓台地の森林および牧草流域の
地下水貯留構造の解明
 
 フィナンシャルプラザJAPAN株式会社
川野 安世 2012 都城盆地における若い地下水年代トレーサーを用いた
地下水流動特性の把握(仮)
 
渡邉学園大分国際情報高等学校 
永松 拓人 2012 阿蘇西麓台地における森林流域と牧草流域の
蒸散量と蒸発量の季節変動
熊本大学大学院自然科学研究科 
 西町 桃香 2012 金峰山における湧水および西側斜面における降水の高度効果   
濱野 秀平 2012 牧草地における蒸発散量とCO2固定量の解析   公務員(佐伯市)
 眞崎 美穂 2012 土壌プロファイルサンプルによる異なる土地利用がもたらす
地下水涵養量変化とそれに伴う硝酸性窒素の挙動
 
 鹿児島県医療生活協同組合
 唐田 貴仁 2011 阿蘇西麓台地における森林流域と牧草流域の蒸発散の比較   
 中野 慧 2011 佐田川扇状地における地下水中の硝酸性窒素濃度の
季節変化とその要因 
 熊本大学大学院自然科学研究科
 古川 芽 2011 石垣島轟川流域における河川の流出特性について  株式会社さくら建設 
 五條 由佳子 2010 人吉盆地の地下水流動に関する研究  株式会社杉養蜂園
松永 緑 2010 地下水中の85Krを用いた年代測定法の検証 熊本大学大学院自然科学研究科
 川口 雄也 2009 トウモロコシ畑における作物の生産過程に伴う作物係数と
水利用効率の解析 
熊本県立大津高校
理科臨時採用教員
 瀬口 尚也 2009  大気水蒸気の安定同位体比を用いたトウモロコシ畑における
蒸発と蒸散の分離
熊本大学大学院自然科学研究科 
 徳永 貴大 2009 熊本・阿蘇地域における湧水の滞留時間および
湧出特性に関する研究 
熊本大学大学院自然科学研究科
 山口 かほり 2009 熊本地域における環境トリチウムを用いた
地下水滞留時間評価 
長崎県庁
岡村 奈保 2008 熊本県下の一級河川における
長期流出量変化とその要因 
  熊本大学大学院自然科学研究科
佐藤 透 2008  比抵抗探査を用いたトウモロコシ畑での
降雨直後の土壌乾燥過程の観測
−栽植密度と生育ステージによる違いについて−
熊本大学大学院自然科学研究科
田上 雅浩 2008  熊本における降水同位体比の変動特性 熊本大学大学院自然科学研究科
本高 雄大 2008  荒尾市における地下水流動と硝酸性窒素および
塩水による地下水汚染状況の把握
 熊本大学大学院自然科学研究科 
井手 淨 2007 過剰揚水に伴う揚水規制および大規模開削による
地下水流動変化に関する研究
熊本大学大学院自然科学研究科
光嶋 洋実 2007 霧島火山における湧水の流動形態とその滞留時間 エース交易株式会社


大学院 自然科学研究科 自然システム専攻

氏名 卒業年度 研究テーマ 卒業後の進路
Majumder Ratan Kumar
(博士後期課程)
2008 Groundwater flow systems of Bengal Delta, Bangladesh, revealed by
environmental isotopes and hydrochemistry
Institute of Nuclear Science & Technology,
Atomic Energy Research Establishment
井川 怜欧
(博士後期課程)
2007 森林流域における降雨流出仮定における
タンクモデルを用いた樹幹流寄与の定量的評価
独立行政法人 産業技術総合研究所
高本 尚彦 2006 霞ヶ浦・銚子堆積物コア及びその間隙水による古水文解析 清水建設株式会社 技術研究所
三上 久美子 2006 都城盆地における広域地下水流動と浅層地下水から
深層地下水に至る過程での脱窒プロセスの検証
熊本大学大学院自然科学研究科
博士後期課程
井上 大輔 2005 火成岩流域における低透水性基盤岩中の地下水流動システム NTTドコモ九州 株式会社
佐藤 壮 2005 自然電位法(SP法)を用いた広域地下水流動把握に関する研究 株式会社地圏環境テクノロジー
井川 怜欧 2004 山地源流域の降雨流出過程における
樹幹流の果たす役割の定量的評価
熊本大学大学院自然科学研究科
博士後期課程
大角 京子 2004 比抵抗2次元探査法を用いたクヌギ林内における
土壌水分量変化に基づく樹幹流涵養量の評価
株式会社アシスト
樋口 覚 2004 環境トリチウムおよび3次元流動シミュレーションを用いた
モンゴルヘルレン川流域における地下水中流動解析
株式会社日さく
寺本 雅子 2003 低透水性堆積岩盤における地下水挙動の
同位体水文学的研究
日本工営株式会社
後藤 純治 2003 環境同位体およびシュミレーション解析による
黒部川扇状地の地下水流動に関する研究
大分県竹田直入地方振興局
小坂 寛 2002 第三紀堆積岩における地下空洞掘削に伴う
間隙水の挙動
ニュージェック株式会社
八ヶ代 和希 2002 環境トリチウムを用いた都城盆地における
地下水流動の評価
宮崎県教育委員会
米坂 崇 2001 土壌水中の同位体プロファイルを基にした
異なる気候下での土壌水浸透機構の比較
株式会社日立システムアンドサービス

理学部 地球科学科


氏名 卒業年度 研究テーマ 卒業後の進路
高田 香織 2007 安定同位体比に基づく筑後川扇状地の地下水流動特性  
深見 大介 2006 筑後川扇状地及びその周辺地域における
水質及びトリチウム濃度を用いた地下水滞留時間の把握
熊本大学大学院自然科学研究科
山宮 和智 2006 比抵抗法を用いた山地源流域宙水帯水層
貯留量の定量的評価
-熊本県宇土半島不知火マムシ谷源流域における事例-
熊本大学大学院自然科学研究科
石川 久洋子 2005 霧島御池の水収支  鈴鹿富士ゼロックス株式会社
小野 昌彦 2005 比抵抗法を用いた山地源流域における地下水帯の
貯留量変動特性の把握
熊本大学大学院自然科学研究科
末田 智也 2005 実蒸発散量を基にした流域水収支に関する研究 熊本大学大学院自然科学研究科
野田 尚子 2005 熊本県南部における地下水の広域水文特性に関する研究 熊本大学大学院自然科学研究科
高野 出恵 2004 宇土半島の小流域における異なる植生下での
微気象特性及び蒸発散量の評価
マルホ株式会社
高本 尚彦 2004 火成岩流域における流域水収支
及び降雨流出過程の定量的検討
熊本大学大学院自然科学研究科
三上 久美子 2004 都城盆地における地下水流動特性と
硝酸性窒素汚染の実態把握
熊本大学大学院自然科学研究科
梁井 曜子 2004 降雨イベントにおける樹幹流と林内雨の
同位体・電気伝導度と水量の変化特性
味の素ファルマ株式会社
井上 大輔 2003 火成岩流域の山地源流部から海域に至る
広域地下水流動
熊本大学大学院自然科学研究科
佐藤 壮 2003 自然電位法(SP法)を用いた
広域地下水流動把握に関する研究
熊本大学大学院自然科学研究科
中村 啓二 2003 火成岩地域における流域水収支の研究
-不知火町永尾地区本浦川・西浦川の場合-
山口大学医学部学生
中澤 茉莉子 2003 森林に覆われた火成岩流域源流域における
降雨流出特性
熊本県警察
井元 洋平 2002 菊池台地における降雨流出特性について Hunter of City University of New York
Physical Therapy Graduate Program学生
大角 京子 2002

比抵抗二次元探査法を用いたクヌギ林内における
土壌水分量変化の観測

熊本大学大学院自然科学研究科
樋口 覚 2002 環境同位体を用いた阿蘇谷地域における
地下水流動の解析
熊本大学大学院自然科学研究科
渡辺 啓介 2002

潮汐変化に伴う塩淡境界面の変動に関する研究
‐高密度電気探査を利用した海岸域における実態把握‐

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)
後藤 純治 2001 黒部川扇状地の地下水流動に関する
同位体水文学的研究
熊本大学大学院自然科学研究科
村崎 由香子 2001

高密度電気探査による唐津市虹の松原海岸における
塩淡境界面の実態構造把握に関する研究

熊本大学教育学部教務企画係
柳 博 2001 阿蘇西麓台地上の畑地における
土壌水分収支法による水収支の推定
九州大学大学院生物資源環境科学府
渡辺 綾子 2001 青森県尻屋鉱山周辺における
堆積基盤岩中の地下水流動に関する研究
ドリコ株式会社
小坂 寛 2000

水素・酸素安定同位体を用いた
阿蘇西麓台地及び熊本平野における地下水流動について

熊本大学大学院自然科学研究科
寺本 雅子 2000

環境トリチウムで追跡した
火砕流堆積物の不飽和層における水の挙動

熊本大学大学院自然科学研究科
八ヶ代 和希 2000 安定同位体を用いた
都城盆地の地下水流動系について
熊本大学大学院自然科学研究科
矢川 浩 2000

安定同位体を用いた
筑後川中流域の地下水流動系について

株式会社ジャスティック