Presentation

 

口頭発表(国内学会)


  1. 「局在スピンを有する分子性導電体TPP[FeIII(tbp)L2]2(L = Br, Cl)の開発」

  2.  西 美樹、 石井 竜太、池田 光雄、花咲 徳亮、星野 哲久、芥川 智行、松田 真生

  3.  2017年3月 日本化学会第97春季大会 横浜市


  4. 「結晶内に空孔を有するx-LiPcの誘電特性とガス吸脱着特性」

  5.  西 美樹、 星野 哲久、野呂 真一郎、芥川 智行、松田 真生

  6.  2016年9月 第10回分子科学討論会 神戸市


  1. 「鉄(III)テトラベンゾポルフィリンを構成成分とするπ-d系分子性導電体の電気および磁気特性」

  2.  西 美樹、 松田 真生、池田 光雄、花咲 徳亮

  3.  2016年3月 日本化学会第96春季大会 京田辺市


  1. 「新規π−d系鉄(III)テトラベンゾポルフィリンを用いた分子性導電体の開発」

  2.  西 美樹、 松田 真生、池田 光雄、花咲 徳亮、星野 哲久、芥川 智行

  3.  2015年3月 日本化学会第95春季大会 船橋市


  1. 「軸配位鉄フタロシアニン系電荷移動錯体への非対称性の導入」

  2.  松田 真生、浜田 佑美、西 美樹、神田 成慶、花咲 徳亮

  3.  2013年3月 日本化学会第93春季大会 草津市


  1. 「軸配位フタロシアニン系への非対称性導入」

  2.  大石 寛子、松田 真生、野上 由夫、花咲 徳亮

  3.  2012年3月 日本化学会第92春季大会 横浜市


  1. 「ポルフィリン錯体を用いた新規分子性導電体」

  2.  大石 寛子、松田 真生

  3.  2010年9月 分子科学討論会 大阪市


  1. 「クロムフタロシアニンを用いた分子性導電体の構築」

  2.  松田 真生、吉元 隆介

  3.  2010年3月 日本化学会第91春季大会 東大阪市


  1. 「スピン転移が引き起こす電界発光消失の機構考察」

  2.  松田 真生、磯崎 晶、田島 裕之

  3.  2009年3月 日本化学会第90春季大会 船橋市



Oral Presentations (International)


  1. “Organic Electroluminescent Devices Consisting of Dye-Doped Spin Crossover Complex Films”

  2.  Masaki Matsuda

  3.  Dec. 2015, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu

  4. “Coordination Compounds in Molecular Electronics”

  5.  Masaki Matsuda (Invited)

  6.  Aug. 2013, The 5th International Symosium on Nano and Supramolecular Chemistry

  7. “An attempt to construct molecular ferroelectrics based on iron phthalocyanine”

  8.  Hiroko Ohishi and Masaki Matsuda

  9.  Nov. 2011, MDF international mini-Workshop, Development of Molecular Degree of Freedom towards Novel Functionality, Kobe


  1. “Fabrication of a Spin Crossover Complex Film and its Application to the Organic Light Emitting Device”

  2.  Masaki Matsuda et al

  3.  Dec. 2010, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu


  1. “Electroluminescence quenching caused by a spin transition”

  2.  Masaki Matsuda

  3.  Nov. 2010, International Symposium on Advanced Soft Materials, Kumamoto


  1. “Electroluminescence quenching by a spin transition”

  2.  Masaki Matsuda

  3.  Jul. 2010, ISSP-MDF Joint International Workshop; Spin-related Phenomena in Organic Materials, Kashiwa


  1. “Fabrication of a spin crossover complex film”

  2.  Masaki Matsuda (Invited)

  3.  Oct. 2009, International IMR Workshop on Group IV Spintronics, Sendai




Poster Presentations


  1. x型リチウムフタロシアニン結晶が有する空孔へのガス吸着特性と電気特性への影響」

  2.  西 美樹、 星野 哲久、野呂 真一郎、芥川 智行、松田 真生

  3.  2016年9月 有機結晶シンポジウム 京都


  4. o-キノン誘導体の共役系変化をねらった電気的な酸化還元反応の検討」

  5.  都甲 侑生、浦川 一樹、石川 勇人、松田 真生

  6.  2016年9月 第10回分子科学討論会2016 神戸市


  7. Fe(2,3-Nc)を用いた分子性導電体の作製と誘電特性の発現を目指した非対称な大環状配位子Fe錯体の作製」

  8.  岩村 沙香、西 美樹、松田 真生

  9.  2016年9月 第10回分子科学討論会2016 神戸市


  10. 「コバルトテトラベンゾポルフィリンを用いた分子性導電体の結晶作製の試み」

  11.  早田 有希、西 美樹、松田 真生

  12.  2016年9月 第10回分子科学討論会2016 神戸市


  13. “Giant Negative Magnetoresistance Effect in a Molecualr Conductor Based on Iron(III) Tetrabenzoporphyrin”

  14.  Miki Nishi, Masaki Matsuda, Mitsuo Ikeda, Noriaki Hanasaki, Norihisa Hoshino, Tomoyuki Akutagawa

  15.  Dec. 2015, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu


  16. “A New Single crystal growth Method for a Charge-Transfer Complex Using Photoirradiation”

  17.  Miki Nishi, Masaki Matsuda, Norihisa Hoshino, Tomoyuki Akutagawa, Hiroyuki Hasegawa

  18.  Dec. 2015, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu


  19. “Introduction of Asymmetry in Charge Transfer Complexes Based on Axially Substituted Iron Phthalocyanine for Constructing New Molecular Ferroelectrics”

  20.  Masaki Matsuda, Miki Nishi, Noriaki Hanasaki

  21.  Dec. 2015, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu


  22. 「リチウムフタロシアニンラジカルの誘電特性・ガス吸脱着特性」

  23.  西 美樹、松田 真生、高橋 仁徳、星野 哲久、武田 貴志、芥川 智行

  24.  2015年9月 第9回分子科学討論会 東京


  25. “Fabrication and measurement of electroluminescence and electrical property of organic light-emitting diodes containing Mott insulator nanocrystals”

  26.  Soichiro Nozoe and Masaki Matsuda

  27.  December 2014, International Conference on Nano-molecular Electronics 2014, Kobe


  28. “Constructing a molecular conductor composed of dicyano iron(III) tetrabenzoporphyrin with exploring the giant magnetoresistance effect”

  29.  Miki Nishi, Masaki Matsuda, Mitsuo Ikeda, Noriaki Hanasaki, Norihisa Hoshino, Tomoyuki Akutagawa

  30.  October 2014, International Meeting on Spin in Organic Semiconductors, Himeji


  31. 「ジシアノ鉄(III)テトラベンゾポルフィリンからなる分子性導電体の作製」

  32.  西 美樹、松田 真生、池田 光雄、花咲 徳亮、星野 哲久、芥川 智行

  33.  2014年9月 第8回分子科学討論会 広島


  34. 「光照射を用いた電荷移動錯体単結晶の新規作製法」

  35.  西 美樹、古賀 翔子、藤嶋 美加、松田 真生、星野 哲久、芥川 智行、長谷川 裕之

  36.  2014年9月 第23回有機結晶シンポジウム 千葉


  37. “New pi-d system based on a low-spin iron(III) macrocyclic complex”

  38.  Masaki Matsuda, Miki Nishi, Mitsuo Ikeda, Noriaki Hanasaki, Norihisa Hoshino, Tomoyuki Akutagawa

  39.  June 2014, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014, Turku


  40. Development of a novel single crystal fabrication method for a molecular conductor: Crystal growth by photoirradiation

  41.  Miki Nishi, Shoko Koga, Mika Fujishima, Masaki Matsuda, Norihisa Hoshino, Tomoyuki Akutagawa, Hiroyuki Hasegawa

  42.  June 2014, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014, Turku


  43. 軸配位鉄(III)テトラベンゾポルフィリンを用いた分子性導電体の構築

  44.  西 美樹、松田 真生

  45.  2014年3月 日本化学会第94春季年会 名古屋


  46. 異種軸配位子を有する鉄フタロシアニン電荷移動錯体

  47.  松田 真生、濵田 佑美、大石 寛子、神田 成慶、花咲 徳亮

  48.  2014年3月 日本化学会第94春季年会 名古屋


  49. 電荷移動錯体単結晶の新規作製法創出〜光照射による結晶成長〜

  50.  西 美樹、古賀 翔子、藤嶋 美加、松田 真生、星野 哲久、芥川 智行、長谷川 裕之

  51.  2013年9月 分子科学討論会 京都


  52. 軸配位コバルトテトラベンゾポルフィリンによる分子性導電体の構築

  53.  小﨑 祐太郎、松田 真生

  54.  2013年9月 分子科学討論会 京都


  55. Molecular conductors composed of iron(III) macrocyclic complexes with axia ligands

  56.  Miki Nishi, Masaki Matsuda

  57.  Aug. 2013, The 5th International Symosium on Nano and Supramolecular Chemistry, Jogjakarta


  58. Construction of new functional materials composed of axially substituted cobalt tetrabenzoporphyrin

  59.  Yutaro Kozaki, Masaki Matsuda

  60.  Aug. 2013, The 5th International Symosium on Nano and Supramolecular Chemistry, Jogjakarta


  61. Fabrication of organic EL devices containing a spin crossover transition material

  62.  Ryoma Uchida, Masaki Matsuda

  63.  Aug. 2013, The 5th International Symosium on Nano and Supramolecular Chemistry, Jogjakarta


  64. “Nanocrystals of Phthalocyanine-based Mott Insulator and their Electronic Characteristics ”

  65.  Nobuaki Kinoshita, Masaki Matsuda

  66.  Dec. 2012,  International Conference on Nano-Molecular Electronics, Awaji


  67. “Introduction of Asymmetry in Axially Substituted Iron Phthalocyanine toward Construction of New Molecular Ferroelectrics ”

  68.  Masaki Matsuda, Yumi Hamada, Miki Nishi, Hiroko Ohishi, Akinori Kanda, Noriaki Hanasaki, Yoshio Nogami

  69.  Dec. 2012,  MDF2012, Miyazaki


  70. “Fabrication of a Spin Crossover Complex and its Application to Organic Electroluminescent Devices”

  71.  Masaki Matsuda, Keita Kiyoshima, Ryoma Uchida, Nobuaki Kinoshita, Hiroyuki Tajima

  72.  Oct. 2012,  International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials, Brisbane


  73. “Preparation of Phthalocyanine Mott Insulator Nano-crystals and their Current-Voltage Characteristics ”

  74.  Nobuaki Kinoshita, Masaki Matsuda

  75.  Oct. 2012,  International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials, Brisbane


  76. 「非対称な軸配位子をもった鉄フタロシアニンの構造と物性」

  77.  浜田 佑美、大石 寛子、松田 真生、花咲 徳亮、野上 由夫

  78.  2012年9月 分子科学討論会 東京都


  79. 「分子性導電体TPP[M(Pc)(CN)2]2 (M = Fe, Co)の圧力下での電気導電性」

  80.  木下 頌章、松田 真生、松林 和幸、上床 美也

  81.  2012年9月 分子科学討論会 東京都


  82. 「フタロシアニン系大環状配位子を用いた分子性導電体」

  83.  松田 真生、浜田 佑美、大石 寛子、吉元 隆介

  84.  2012年9月 分子科学討論会 東京都


  85. 「スピンクロスオーバー錯体からなる有機EL素子」

  86.  清島 啓太、松田 真生

  87.  2012年9月 応用物理学会学術討論会 松山市


  88. “Construction of molecular ferroelectrics crystals based on phthalocyanines”

  89.  Hiroko Oishi

  90.  Oct. 2011,  MDF Workshop, Open-shell Organic Molecules -Synthesis and Electronic Structure Freedom-, Osaka


  91. 「フタロシアニンを利用した新規分子性強誘電体の構築」

  92.  大石 寛子、松田 真生

  93.  2011年9月 分子科学討論会 札幌市


  94. “Study of molecular conductor thin film”

  95.  Mika Fujishima, Nobuaki Kinoshiwa, Hiroyuki Hasegawa, Shukichi Tanaka, Hiroyuki Tajima and Masaki Matsuda

  96.  Dec. 2010  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu


  1. “Molecular conductor based on axially substituted ttetrabenzoporphyrin complexes”

  2.  Hiroko Oishi, Madoka Tofuku and Masaki Matsuda

  3.  Dec. 2010  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu


  1. “Molecular conductor based on tetrabenzoporphyrin”

  2.  Hiroko Oishi, Madoka Tofuku and Masaki Matsuda

  3.  Nov. 2010  International Symposium on Advanced Soft Materials, Kumamoto


  1. “クロムフタロシアニンを用いた分子性導電体”

  2.  吉元 隆介、松田 真生

  3.  2010年11月  日本化学会西日本大会, 熊本市