研究室の概要


 現在、新たに開発・製造される化学物質は、環境への負荷を抑えるための様々なリスク評価基準をクリアしている
ことは言うまでもありません。ところが、実際は環境中で容易に分解されず生物に蓄積するものや、光分解や生物代
謝を受けて強い残留性や毒性を示す物質に変化するものもあります。化学物質は、環境中でその本当の姿を容易に
見せてくれません。

 当研究室では、人間の予想を超える分布挙動を示す新規の化学物質を環境中から探し出し、その汚染実態、生物
蓄積、経年変化、地球規模での移動拡散等を明らかにするための調査研究を行っています。分析の対象は、大気・
水・底質・生物、つまりあらゆる環境媒体です。測定する化学物質は、POPs (Persistent Organic Pollutants)の代表
的存在である有機塩素化合物に加え、多環芳香族炭化水素、有機スズ化合物、さらに最近になって環境負荷が懸
念され始めた有機フッ素化合物、人工香料、医薬品、紫外線吸収剤等も対象にしています。調査域は、有明海を始
め日本およびアジアの沿岸域、さらには南極・北極など極域にまで及びます。
 最近、難分解性化学物質による汚染環境を生物を用いて浄化する技術開発(バイオレメディエーション)に関する研
究も開始しました。低コストで汚染環境を復元する可能性を探るため、実際に有明海沿岸で実証試験を行っていま
す。


研究テーマ
(番号の下の項目は各テーマのキーワードです)

1) 難分解性汚染物質の新規検索と環境挙動および残留性に関する調査研究
 ・ POPs
 ・ 人工香料
 ・ 紫外線吸収剤
 ・ 大気、水、生物、底質

2) 動物用医薬品による家畜飼育環境および生態系の汚染とそのリスク評価
 ・ テトラサイクリン類
 ・ フルオロキノロン類
 ・ ブタ、ニワトリ
 ・ 堆肥、液肥、土壌
 ・ 水産養殖

3) 生物を用いた汚染環境浄化(バイオレメディエーション)の技術開発
 ・ 有機塩素化合物(PCBs, 有機塩素系農薬)、多環芳香族炭化水素 (PAHs)
 ・ 有明海
 ・ 貝類



研究室の分析機器

・ ガスクロマトグラフ質量分析装置(四重極型) Agilent社製 2台

・ ガスクロマトグラフ電子捕獲型検出器 (ECD) Agilent社製 1台

・ 高速液体クロマトグラフ質量分析装置     Agilent社製 1台

・ 高速溶媒抽出装置                ダイオネクス社製 1台

・ その他


ホームページの内容に関心を持たれた方へ
 
 ご質問、お気づきのこと等ございましたら、こちらまでお気軽にご連絡ください。また、修士または博士課程(社会
人を含む)の大学院入学に関しても、遠慮なくご相談ください。


戻る
戻る