熊本大学大学院先端科学研究部基礎科学部門化学分野 准教授 大平 慎一 Associate Professor Shin-Ichi Ohira Department of Chemistry, Kumamoto University, Japan

研 究 業 績  Curriculum Vitae

すべての論文・学会発表 →

All articles・presentations →

主要論文  Selected Publications (2012~)

Top

S. Ohira, K. Kaneda, T. Matsuzaki, S. Mori, M. Mori, K. Toda,

Universal HPLC detector for hydrophilic organic compounds by means of total organic carbon detection

Analytical Chemistry, 90, 6461-6467 (2018).

S. Ohira, N. Nakamura,M. Endo, Y. Miki, Y. Hirose, K. Toda

Ultra–Sensitive Trace–Water Optical Sensor with In Situ- Synthesized Metal–Organic Framework in Glass Paper

Analytical Sciences, 34, 495-450 (2018).  ☆Cover page  ☆ Hot Article

S. Ohira, T. Yamasaki, T. Koda, Y. Kodama, K. Toda,

Electrodialytic in-line preconcentration for ionic solute analysis

Talanta, 180, 176-181 (2018).

S. Ohira, W.C. Nugraha, K. Toda

Review: Speciation Analysis of Chromium Oxidation States by Flow Injection Analysis

Journal of Flow Injection Analysis, 34, 5-10 (2017).

Brian N. Stamos, P.K. Dasgupta, S. Ohira

Admittance Scanning for Whole Column Detection

Analytical Chemistry, 89, 7203-7209 (2017).

M. Mori, K. Sagara, K. Arai, N. Nakatani, S. Ohira, K. Toda, H. Itabashi, D. Kozaki, Y. Sugo, S. Watanabe, N. Ishioka, K. Tanaka

Simultaneous Analysis of Silicon and Boron Dissolved in Water by Combination of Electrodialytic Salt Removal and Ion-exclusion Chromatography with Corona Charged Aerosol Detection

Journal of Chromatography A,1431,131–137 (2016).

S. Ohira, K. Nakamura, C.P. Shelor, P.K. Dasgupta, K. Toda

Simultaneous Electrodialytic Preconcentration and Speciation of Chromium(III) and Chromium(VI)

Analytical Chemistry, 87,11575–11580 (2015).

S. Ohira, Y. Miki, T. Matsuzaki, N. Nakamura, Y. Sato, Y. Hirose, K. Toda

A Fiber Optic Sensor with a Metal Organic Framework as a Sensing Material for Trace Levels of Water in Industrial Gases

Analytica Chimica Acta, 886,188-193 (2015).

S. Ohira, Y. Hiroyama, K. Nakamura, T. Koda, P. K. Dasgupta, K. Toda

Electrodialytic Matrix Isolation for Metal Cations

Talanta, 132, 228–233 (2015).

S. Ohira, K. Kuhara, A. Shigetomi, Y. Kodama, P. K. Dasgupta, K. Toda

On-Line Electrodialytic Matrix Isolation for Chromatographic Determination of Organic Acids in Wine

Journal of Chromatography A, 1372, 18–24 (2014).

S. Ohira, M. Heima, T. Yamasaki, T. Tanaka, T. Koga, K. Toda

Flow-Based Ammonia Gas Analyzer with an Open Channel Scrubber for Indoor Environments

Talanta, 116, 527-534 (2013).

A.B. Kirk, J.V. Dyke, S. Ohira, P. K. Dasgupta

Relative Source Contributions for Perchlorate Exposures in a Lactating Cohort

Science of the Total Environment, 443,939–943 (2013).

S. Ohira, K. Goto, K. Toda, P. K. Dasgupta

A Capacitance Sensor for Water: Trace Moisture Measurement in Gases and Organic Solvents

Analytical Chemistry, 84, 8891–8897 (2012).

S. Ohira, K. Kuhara, M. Kudo, Y. Kodama, P. K. Dasgupta, K. Toda

Electrodialytic Ion Isolation for Matrix Removal

Analytical Chemistry, 84, 5421–5426 (2012).

A.B. Kirk, M. Kroll, J. V. Dyke, S. Ohira, R.A. Dias, P.K. Dasgupta

Perchlorate, Iodine Supplements, Iodized Salt and Breast Milk Iodine Content

Science of the Total Environment, 420, 73–78 (2012).

解説・総説  Articles

Top

S. Ohira

Highlights: Mercury Sensing Probes

Analytical Sciences, 33, 877 (2017).

大平慎一

トピックス:中空糸膜とイオン液体によるマイクロ液相抽出

Journal of Flow Injection Analysis , 31 (1), 47 (2014).

大平慎一

FIAフロントライン:マイクロペーパーフロー分析デバイス

Journal of Flow Injection Analysis, 30 (2), 128 (2013).

大平慎一

トピックス:ヒ素の高感度フィールド測定法

ぶんせき, 10, p. 41 (2008).

大平慎一

トピックス:ハイブリッドフローインジェクション法

Journal of Flow Injection Analysis, 24 (2), p. 125 (2007).

著書  Books

Top

角田欣一・戸田 敬 監訳

クリスチャンExcelで解く分析化学 原書7版,丸善出版,2016年12月30日出版

今任稔彦・角田欣一 監訳

クリスチャン分析化学 原書7版,丸善出版,2016年12月30日出版

伊藤一明 監修,IC分析士認証委員会 編集

第1回IC分析士初段・二段試験解説書,日本分析化学会,2015年12月17日出版

特許  Patents

Top

ガス濃度検出ユニット及びガス濃度測定方法

特開2018-017650,2018年02月01日

水分濃度検出ユニット、及び水分濃度検出方法

特開2016-153732,2016年08月25日

硫化カルボニル濃度測定装置、及び硫化カルボニル濃度測定方法

特開2016-003929,2016年01月12日

溶液イオン濃度の調整装置および溶液イオン濃度の調整方法、並びにpH緩衝液の製造方法

特開2015-223566,2015年12月14日

溶存イオン分析用前処理デバイス及び溶存イオン分析システム

Pretreatment device for dissolved ions analysis and dissolved ion analysis system

国内:特許第5888653号  米国:US9,103,780

マイクロチャネルスクラバー

特開2007-139733,2007年06月07日

招待講演  Invited lectures

Top

ダイナミックな相間移動による前処理・分離・検出

第5回BRIGHTシンポジウム,徳島大学薬学部,2017年12月6日.

Universal carbon detector for organic ionic solutes detection

The 9th Asia-Pacific Symposium on Ion Analysis, K-01, Shaoxing, China, Nov. 21, 2017.

Quantification system without standard materials for high performance liquid chromatograph

第23回日本化学会九州支部・韓国化学会釜山支部合同セミナー,Pusan National University ,韓国,Jun. 15, 2017.

電気透析法による試料中溶存イオンの抽出・濃縮とキャリブレーションフリーな定量法の開発

日本分析化学会第65年会,L1008,北海道大学,2016年9月14日.

Ultra sensitive fiber optic water sensor by means of metal organic frameworks sensing layer

Energy Materials Nanotechnology Metal Organic Frameworks, Qingdao, China, Jun. 13, 2016.

Electrodialytic ion transfer for sample pretreatment, separation and preconcentration for ionic solute analysis

Pacifichem 2015, Hawaii, ANYL 428, Dec. 16, 2015.

物質の相間移動を利用した分析化学

第9回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム,愛知工業大学,2015年12月3日.

電気透析法による溶存イオン分析のための前処理~マトリックスからの分離・酸化数別分離・濃縮~

第26回クロマトグラフィー科学会議,九州大学,2015年11月12日.

電界下での泳動作用と膜透過による溶存イオンの検出・前処理・分離・濃縮

第32回九州分析化学若手の会,IL3,かんぽの宿 北九州,2014年7月25日

電界下のおけるイオンの泳動を利用したインライン前処理・分離・濃縮”

Separation Sciences 2013, 東京都立産業技術センター,2013年8月1日.

電界下における泳動を利用した溶存イオンのマトリックス分離と濃縮

第29回イオンクロマトグラフィー討論会,岡山理科大学,2012年12月6日.

イオンクロマトグラフィーにおける新手法の開発を目指して

第26回イオンクロマトグラフィー討論会,伊香保温泉,2009年12月5日.

競争的研究資金  Grants

Top

平成30年4月~平成32年3月 JSPS二国間共同研究事業 代表

「バイカル湖の氷床下プランクトンブルームで生成する化学物質の探索」

平成29年7月~平成32年3月 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)分担

「分離から薬剤合成までのシームレスな64Cuの高速分離精製プラットホームの開発」

平成29年4月~平成33年3月 科学研究費補助金 基盤研究(C)代表

「ポストカラム光学分割による光学異性体一斉定量システムの開発」

平成29年4月~平成30年3月 共同研究 大陽日酸株式会社

「低濃度水分を計測するMOFセンサシステムの開発」

平成29年4月~平成30年3月 熊本大学 めばえ研究 代表

「電場と膜透過に基づく溶存イオン抽出による希少元素回収・分離精製技術の確立」

平成28年6月~平成31年3月 環境省 環境研究総合推進費 研究代表

「土壌からの六価クロム溶出速度に基づく自然由来・人為由来の判定法の開発」

平成28年4月~平成32年3月 科学研究費補助金 基盤研究(B)分担

「MEMS加工デバイスにより大気中化学物質の気相/粒子間の相間移動を追跡する」

平成28年4月~平成29年3月 共同研究 大陽日酸株式会社

「低濃度水分を計測するMOFセンサシステムの開発」

平成27年2月~平成28年1月 科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム

シーズ顕在化タイプ 研究責任者

「多孔性金属錯体を感応膜とする高感度光ファイバ水分センサの開発」

平成26年4月~平成29年3月 科学研究費補助金 若手研究(B)研究代表

「多孔性金属錯体をセンシングマテリアルとするガス分析デバイスの開発」

平成26年4月~平成27年3月 共同研究 大陽日酸株式会社

「低濃度水分を計測するMOFセンサシステムの開発」

平成25年4月~平成28年3月 科学研究費補助金 基盤研究(B)分担

「オンサイト気化-質量分析によって水圏/気圏間の物質移動をはかる」

平成24年4月~平成26年3月 鉄鋼環境基金環境研究助成研究 研究代表

「重金属イオンのインライン濃縮法とその応用による浮遊状粒子物質中の重金属化合物測定手法の開発」

平成24年10月 熊本大学若手国際共同研究 代表

「クロム・マンガンの分離カラムフリーなスペシエーション分析法の開発」

平成23年4月~平成26年3月 科学研究費補助金:若手研究(B)研究代表

「高速液体クロマトグラフィーのためのキャリブレーションフリーな検出法の開発」

平成22年10月~平成23年3月 科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業 A-STEP フィージビリティースタディ・ステージ

探索タイプ 研究代表

「有機溶媒中微量水分の新規分析法」

平成21年10月~平成23年3月 科学研究費補助金:研究活動スタート支援 研究代表

「平面型オープンチャネルイオンクロマトグラフィーの開発とその応用による大気成分測定」

平成21年9月~平成25年3月

科学技術振興機構 産学イノベーション事業【先端計測分析技術・機器開発】 研究代表

「生体・飲料・環境試料溶存イオンの導入技術の開発」

平成21年8月~平成22年3月  熊本大学若手研究支援経費 代表

「バイオマスアルコール中の微量な水分測定を目指した湿度センサーの開発」

平成18 年4 月~平成20 年4 月 日本学術振興会 海外特別研究員

「早期医療診断のための呼気成分簡易測定手法の開発とその評価」

平成16年4月~平成18年3月 科学研究費補助金 特別研究員奨励費 研究代表

「マイクロガス分析システムの開発及びその応用による微量大気成分の動態解析」

〒860-8555 熊本県熊本市中央区黒髪2丁目39番1号 熊本大学理学部

TEL/FAX 096-342-3384

2-39-1 Kurokami, Kumamoto 860-8555

Faculty of Science, Kumamoto University

TEL/FAX +81-96-342-3384

Copyright©2013-2018  Shin-Ichi Ohira all rights reserved.