熊本大学理学部同窓会会則

第1章 総則

(名称)

第1条 本会は、熊本大学理学部同窓会という。

(目的)

第2条 本会は、会員相互の親睦を厚うし、理学部との連絡を密接にし、学術研究の向上発展をはかり、なお進んでは社会的公共のために尽くすことを目的とする。

(事業)

第3条 本会は、その目的を達成するための事業を行う。
1 会員名簿の発行及び会報の発行
2 就職斡旋・援助・情報の交換
3 その他必要と認める事項

(事務所)

第4条 本会は、事務所を理学部内に置く。

第2章 会員及び役員

(会員)

第5条 本会は、次の4種の会員をもって構成する。
1 正会員 本学部卒業生、専攻科修了生、大学院理学研究科修了生及び大学院自然科学研究科修了生(理学系)
2 準会員 (1) 理学部在学生及び自然科学研究科在学生(理学系)
      (2) 理学部、専攻科及び大学院理学研究科に在籍した者で特に本会の認めた者
3 特別会員 理学部職員及び旧職員
4 名誉会員 本会のために特に貢献のあった者

(役員)

第6条 本会に次の役員を置く。
1 会長 1名
2 理事 6名
3 幹事 若干名
4 監査委員 2名

第7条 役員は次のように選出する。
1 会長は、正会員のうちから理事会が選出する。
2 理事は、正会員及び特別会員のうちから各講座(教室)毎に選出する。
3 幹事は、準会員及び特別会員のうちから会長が委嘱する。
4 監査委員は、正会員及び特別会員のうちから各講座(教室)輪番に選出する。

(任期)

第8条 幹事を除き、役員の任期は、3ヵ年とする。

第3章 会務

(会長)

第9条 会長は、本会を代表し、会務を総理する。

(理事)

第10条 理事は、会長を補佐し、第13条に定める事項を審議する。

(幹事)

第11条 幹事は、必要な助言を行い、企画に参与する。

(監査委員)

第12条 監査委員は、収支決算の監査を行う。

(理事会)

第13条 理事会は、会長がこれを招集し、次の事項を審議決定する。
1 事業計画に関すること。
2 予算・決算に関すること。
3 会則の制定及び改廃に関すること。
4 その他重要な事項

(会計)

第14条 会計については次のように定める。
1 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
2 本会の収支決算は、会報をもって報告する。

第15条 本会の経費は、会費・寄附金及びその他収入をもって充てる。

第16条 会費の徴収方法は別に定める。

附則

本会則は、昭和34年3月1日から施行する。

附則

この改正は、昭和41年5月7日から施行する。

附則

この改正は、昭和56年4月1日から施行する。

附則

この改正は、昭和58年4月1日から施行する。

附則

この改正は、平成8年8月1日から施行する。

附則

この改正は、平成12年5月25日から施行する。

附則

この改正は、平成23年6月15日から施行する。