Kumamoto University
[ Graduate School of Science and Technology]

zeni.jpg

Marchantia polymorpha

ゼニゴケは、陸上植物の進化を考える上で鍵となる重要な存在である。このゼニゴケは、京都大学の河内研究室により、現在モデル植物としての分子遺伝学的研究の基盤が作られつつある注目の実験材料である。私たちも、このゼニゴケを用いた解析を行っている。ゼニゴケに関する基本情報は、河内研、及び、メンバー登録制の「Marchan Genomics」に詳しい。是非、ご参加あれ。

ゼニゴケにおけるCLEシグナル伝達系の解析

ゼニゴケには、CLEやWOXホモログが一つしか見つかっていないため、ゼニゴケを利用した解析はCLEシグナル伝達系の分子進化や機能進化についての知見が得られると期待される。