研究業績



Google Scholar




査読付き原著論文

(29) Tomita, T. and T. Yamaura, 2020: Interannual variability of Baiu frontal activity in May and its connectivity with June. J. Meteor. Soc. Japan, (accepted, JMSJ, April 2020).


(28) Tomita, T., T. Shirai, and T. Yamaura, 2020: Effects of the Australian winter monsoon on the persistence of La Niña events. J. Meteor. Soc. Japan, (in press, JMSJ, February 2020), doi:10.2151/jmsj.2020-011.


(27) Fukui, K., J. Tanaka, T. Tomita, and M. Numao, 2019: Physics-guided neural network with model discrepancy based on upper troposphere wind prediction. Proc. IEEE 18th International Conference on Machine Learning and Applications (ICMLA 2019), Dec. 2019. (in press)


(26) Phermphoonphiphat, E., T. Tomita, M. Numao, and K. Fukui, 2019: A study of upper tropospheric circulations over the Northern Hemisphere prediction using multivariate features by ConvLSTM. IES2019, Proceedings of the 23rd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, 12, 130-141, https://doi.org/10.1007/978-3-030-37442-6_12.


(25) Tomita, T. and T. Yamaura, 2017: A Precursor of the monthly-mean large-scale atmospheric circulation anomalies over the North Pacific. SOLA, 13, 85−89, doi:10.2151/sola.2017- 016.


(24) Hosoda, S., M. Nonaka, T. Tomita, B. Taguchi, H. Tomita, and N. Iwasaka, 2016: Impact of downward heat penetration below the shallow seasonal thermocline on the sea surface temperature. Hot Spots in the Climate System: New Developments in the Extratropical Ocean-Atmosphere Interaction Research, (Book Chapter), 73-89.


(23) Kodama, C., Y. Yamada, A. T. Noda, K. Kikuchi, Y. Kajikawa, T. Nasuno, T. Tomita, T. Yamaura, H. G. Takahashi, M. Hara, Y. Kawatani, M. Satoh, and M. Sugi, 2015: A 20- year climatology of a NICAM AMIP-type simulation. J. Meteor. Soc. Japan, 93, 393-424, DOI:10.2151/jmsj.2015-024.


(22) Hosoda, S., M. Nonaka, T. Tomita, B. Taguchi, H. Tomita, and N. Iwasaka, 2015: Impact of downward heat penetration below the shallow seasonal thermocline on the sea surface temperature. J. Oceanogr., DOI 10.1007/s10872-015-0275-7.


(21) Yamaura, T. and T. Tomita, 2014: Two physical mechanisms controlling the interannual variability of Baiu precipitation. J. Meteor. Soc. Japan, 92, 305-325.


(20) Tomita, T., T. Yamaura, and Y. Kuwazuru, 2013: Decadal-scale modulation of atmospheric circulation change at the onset of the western North Pacific summer monsoon. SOLA, 9, 161-165.


(19) Yamaura, T and T. Tomita, 2012: Covariability between the Baiu precipitation and tropical cyclone activity through large-scale atmospheric circulations. J. Meteor. Soc. Japan, 90, 449-465.


(18) Seo, K.-H., J.-H. Son, S.-E. Lee, T. Tomita, and H.-S. Park, 2012: Mechanisms of an extraordinary East Asian summer monsoon event in July 2011. Geophys. Res. Lett., 39, L05704, doi:10.1029/2011GL050378.


(17) Tomita, T., Yamaura, T., and T. Hashimoto, 2011: Interannual variability of the Baiu season near Japan evaluated from the equivalent potential temperature. J. Meteor. Soc. Japan, 89, 517-537.


(16) Yamaura, T. and T. Tomita, 2011: Spatiotemporal differences in the interannual variability of Baiu frontal activity in June. Int. J. Climatol., 31, 57–71.


(15) Tomita, T., M. Nonaka, and T. Yamaura, 2010: Interannual variability in the subseasonal northward excursion of the Baiu front. Int. J. Climatol., 30, 2205-2216.


(14) Tomita, T., H. Sato, M. Nonaka, and M. Hara, 2007: Interdecadal variability of the early summer surface heat flux in the Kuroshio region and its impact on the Baiu frontal activity. Geophys. Res. Lett., 34, L10708, doi:10.1029/2007GL029676.


(13) Tomita, T., H. Kusaka, R. Akiyoshi, and Y. Imasato, 2007: Thermal and geometric controls on the rate of surface air temperature changes in a medium-size, mid-latitude city. J. Appl. Meteorol. Climatol., 46, 241-247.


(12) Tomita, T. and M. Nonaka, 2006: Upper-ocean mixed layer and the wintertime sea surface temperature anomalies in the North Pacific. J. Climate, 19, 300-307.


(11) Tomita, T., T. Yoshikane, and T. Yasunari, 2004: Biennial and lower-frequency variability observed in the early summer climate in the western North Pacific. J. Climate, 17, 4254-4266.


(10) Tomita, T., S.-P. Xie, and M. Nonaka, 2002: Estimates of surface and subsurface forcing for decadal sea surface temperature variability in the mid-latitude North Pacific. J. Meteor. Soc. Japan, 80, 1289-1300.


(9) Tomita, T., B. Wang, T. Yasunari, and H. Nakamura, 2001: Global patterns of decadal scale variability observed in sea surface temperature and lower-tropospheric circulation fields. J. Geophys. Res. (Ocean), 106, 26805-26815.


(8) Tomita, T., 2000: The longitudinal structure of interannual variability observed in sea surface temperature of the equatorial oceans. J. Meteor. Soc. Japan, 78, 499-507.


(7) Yanai, M. and T. Tomita, 1998: Seasonal and interannual variability of atmospheric heat sources and moisture sinks as determined from NCEP-NCAR reanalysis. J. Climate, 11, 463-482.


(6) Tomita, T. and T. Yasunari, 1996: Role of the northeast winter monsoon on the biennial oscillation of the ENSO/monsoon system. J. Meteor. Soc. Japan, 74, 1-14.


(5) Uyeda, H., Y. Asuma, N. Takahashi, S. Shimizu, O. Kikuchi, A. Kinoshita, S. Matsuoka, M. Katsumata, K. Takeuchi, T. Endoh, M. Ohi, S. Satoh, Y. Tachibana, T. Ushiyama, Y. Fujiyoshi, R. Shirooka, N. Nishi, T. Tomita, H. Ueda, T. Sueda, and A. Sumi, 1995: Doppler Radar Observations on the Structure and Characteristics of Tropical Clouds during the TOGA-COARE IOP in Manus, Papua New Guinea - Outline of the Observation -. J. Meteor. Soc. Japan, 73, 415-426.


(4) Tomita, T., 1994: Modulation of the biennial oscillation in the ENSO/monsoon system. Ph.D thesis, Institute of Geoscience, Univ. of Tsukuba, 123p.


(3) Tomita, T. and T. Yasunari, 1993: On the two types of ENSO. J. Meteor. Soc. Japan, 71, 273-284.


(2) Tomita, T., 1991: The two successive-year El Nino and the single-year El Nino. Climatol. Notes, 40, 43-54.


(1) Tomita, T., 1991: The two successive-year El Nino and the single-year El Nino - An observational study -. Master's thesis, Institute of Geoscience, Univ. of Tsukuba, 41p.



国内誌・図書・レポート・招待講演、その他

(21) 冨田智彦2017: 梅雨前線活動の経年変動と大規模大気循環 2016年度日本気象学会九州支部発表会(招待講演)、平成2935日(日)、熊本県熊本市(くまもと森都心プラザ)


(20) 川村隆一、飯塚聡、冨田智彦、佐藤尚毅、渡部雅浩、川野哲也、平田英隆、小坂 優、三瓶岳昭、R Kartika Lestari2016: 黒潮・黒潮続流の大気海洋相互作用と大気擾乱. 気象研究ノート(気候系のhot spot:中緯度大気海洋相互作用の最前線, 3章内、分担執筆)(印刷中)(査読有)


(19) 冨田智彦2016: ENSOと梅雨前線活動 日本気象学会九州支部だより、 No.130 20163月)、12-16


(18) 冨田智彦2013: 梅雨の気候と経年変動 (図説地球環境の事典 朝倉書店(吉崎正憲、野田彰、他、392ページ、20130925日出版、ISBN978-4-254-16059-8)内)、分担執筆(査読有)


(17) Tomita, T., T. Yamaura, and T. Hashimoto, 2011: Interannual Variability of the Baiu Season near Japan Evaluated from the Equivalent Potential Temperature. The Second International MAHASRI/HyARC Workshop on Asian Monsoon and Water Cycle (oral (S2-06), August 22 - August 24, 2011, Green Hotel, Nha Trang, Viet Nam, 158 - 174 (extended abstract).


(16) Tomita, T., M. Nonaka, and T. Yamaura, 2009: Interannual Variation in the Seasonal Northward Movement of the Baiu Front in the Western North Pacific. International MAHASRI/HyARC Workshop on Asian Monsoon (oral), March 5-7, 2009, Da Nang, Vietnam, 85 - 95(extended abstract).


(15) 冨田智彦、佐藤弘康、野中正見、原政之、山浦剛、2008: 黒潮域における初夏海面熱フラックスの数十年規模変動とその梅雨前線活動への影響 月刊海洋(総特集、中緯度海洋前線域における大気海洋相互作用)、No. 49159- 164(査読有)


(14) Yasunari, T., K. Masuda, N. Endo, T. Oki, T. Tomita, Y. Fukutomi, J. Xu, and K. Saito, M. Ogi, 2006: Hydrological Cycle Research Program. FRSGC Annual Report FY2005, Yokohama, Japan, 9-11.


(13) 冨田智彦、佐藤弘康、2006: 梅雨前線活動の10年規模変動 月刊海洋(総特集、夏季気候変動−冷夏猛暑に代表される夏季異常気象研究の統合−)、No. 44176-182(査読有)


(12) Yasunari, T., K. Masuda, N. Endo, T. Oki, T. Tomita, Y. Fukutomi, J. Xu, K. Saito, and M. Ogi, 2006: Hydrological cycle research program. FRSGC Annual Report FY2004, Yokohama, Japan, 6-9.


(11) 冨田智彦2005: 梅雨の降水量の年変動を解明 ニュートン、8月号(「プラネットアース」)、p. 108.


(10) Yasunari, T., K. Masuda, N. Endo, T. Oki, T. Tomita, Y. Fukutomi, J. Xu, and K. Saito, 2005: Hydrological Cycle Research Program. FRSGC Annual Report FY2003, Yokohama, Japan, 9-13.


(9) 冨田智彦2004: 日本の梅雨の周期を解明-梅雨前線の年々変動に及ぼす西太平洋の大気海洋相互作用のメカニズム- Blue Earth, 1112月号、 30-33


(8) Yasunari, T., K. Masuda, R. Suzuki, J. Xu, N. Endo, Y. Fukutomi, T. Oki, T. Tomita, and K. Saito, 2004: Hydrological Cycle Research Program. FRSGC Annual Report FY2002, Yokohama, Japan, 12-16.


(7) Yasunari, T., K. Masuda, R, Suzuki, N. Endo, T. Oki, T. Tomita, J. Xu, Y. Fukutomi, and K. Saito, 2002: Hydrological Cycle Research Program. FRSGC Annual Report FY 2001, Yokohama, Japan, 7-16.


(6) Yamagata, T., F. Mitsudera, T. Tomita, T. Waseda, T. Miyama, and M. Nonaka, 2001: International Pacific Research Center Program. FRSGC Annual Report FY 2000, Hamamatsu-cho, Tokyo, Japan, 40-47.


(5) Tomita, T., M. Nonaka, and S.-P. Xie, 2000: Decadal surface and subsurface variability in the Kuroshio-Oyashio Extension: GCM simulation and observations. Western Boundary Current Virtual Poster Session (http://www.po.gso.uri.edu/wbc/index.html).


(4) Wang, B., T. Li, S. I. An, H. Annamalai, T. Tomita, Y. Wang, Y. Zhang, and I. Zvertaev, 2000: Asian-Australian Monsoon System. FRSGC Annual Report FY 1999, Hamamatsu-cho, Tokyo, Japan, 43-45.


(3) Tomita, T. and B. Wang, 1999: Interdecadal variability of global sea surface temperature. PACON99 (Pacific Congress on Marine Science & Technology) Conference (oral), June 23 – June 25, 1999, Moscow, Russia, 71-79 (extended abstract).


(2) Yamagata, T., F. Mitsudera, L. M. Jameson, T. Waseda, T. Miyama, and T. Tomita, 1999: International Pacific Research Center Program. FRSGC Annual Report FY 1998, Hamamatsu-cho, Tokyo, Japan, 34-38.


(1) 新田勍、冨田智彦、鬼頭昭雄、山崎信雄、1994: M1/M2: Atmosphere/Ocean Interaction-Monsoon and Tropical Monsoon. 天気、4061-64



学会発表

国際: 73回、国内: 79
(共著発表を含む、詳細は省略)



特許出願

(1) 小野智司、前原宗太郎、福井健一、冨田智彦2017: 「教師情報付学習データ生成方法、機械学習方法、教師情報付学習データ生成システム及びプログラム」、特願2017-○2017825日(金)出願(国内)



新聞発表

(5) 2012年(平成24年)928日、熊本大学の居室にて。熊本日日新聞の取材を受ける(社文化生活部 山口尚久)。熊本の日雨量(集中豪雨)の統計的に有意な増加についてその原因についてのコメントおよび地球温暖化との関連の解説を行う。

掲載紙: 2013年(平成25年)627日付け: 熊本日日新聞朝刊(第35面)、「1日に200ミリ以上の大雨の日数増加 20世紀初頭の3.7倍」


(4) 2008年(平成20年)98日、熊本大学の居室にて。熊本日日新聞の取材を受ける(広告局広告制作部、西場奎介)。熊本の夏の最高気温、日平均気温、夏の期間の長期変化について、特に海風との関連について説明。

掲載紙: 2008年(平成20年)924日付け: 熊本日日新聞(第4面)、くまもとエコモーションキャンペーン、「膨張する夏 −亜熱帯への一里塚 進む温暖化、ヒートアイランド−」


(3) 2006年(平成18年)727日、熊本大学の居室にて。熊本日日新聞の取材を受ける。平成18年度の梅雨は例年より長く特に末期に集中豪雨が頻発した。そのメカニズムを大規模循環場の観点より説明。

掲載紙: 2006年(平成18年)728日付け: 熊本日日新聞(27面)


(2) 2004年(平成16年)910日、熊本大学の居室にて。熊本日日新聞の取材を受ける。現在の研究、略歴等の話をする。

掲載紙: 2004年(平成16年)917日付け: 熊本日日新聞(13面、科学欄、「フロントランナー」)


(1) 2004年(平成16年)831日、文部科学省(東京都千代田区丸の内二丁目5番1号(仮庁舎))、10階記者発表室にて。「日本の梅雨の周期を解明 -梅雨前線の年々変動に及ぼす西太平洋の大気海洋相互作用のメカニズム- 」を発表。

掲載紙: 2004年(平成16年)91日付け: 朝日新聞(38面)、読売新聞(2面)、毎日新聞(26面)、産経新聞(30面)、日本経済新聞(38面)、日刊工業新聞(28面)

2004年(平成16年)914日付け: 熊本日日新聞(14面)



テレビ・ラジオ出演

(2) 199934日、ハワイ、ラジオK-Japan(代表、富田いく子)に出演、1998-99年のラニーニャイベントについて、前年のエルニーニョイベントといかに状況が異なるかの比較解説、全球気候変動の概況説明を行う。


(1) 1998319日、ハワイ、ラジオK-Japan(代表、富田いく子)に出演、1982-83年のエルニーニョイベントを越える1997-98年の今世紀最大のエルニーニョイベントについて、その特異性、物理メカニズム、全球気候変動への影響の解説を行う。



取材協力

(8) 2017年(平成29年)78日(土)13:00より、熊本大学理学部C401オフィスにて。RKK(熊本放送)報道部、森明子さん、TVカメラマン2名、TV収録。1) 75-7日の九州北部の集中豪雨について、2) 2012711-14日の九州北部豪雨との比較について、3) 近年の梅雨季の雨の振り方について(集中豪雨、大雨は増える傾向にある)、4) 原因、対策、今後の傾向、などについて取材を受ける。Q&A他、コメント収録。

放送: 2017年(平成29年)710日(月)、夕方のニュース「RKK NEWS JUST」(18:15 – 18:55)内。1-2分程度。


(7) 2015年(平成27年)64日(木)13:00より、熊本大学理学部C401オフィスにて。RKK(熊本放送)報道部、森明子さん、TVカメラマン1 名、TV収録。「近年の梅雨季の雨の振り方について、短時間降水が増える傾向がある」、その原因、対策、今後の傾向、などについて取材を受ける。 Q&A他、コメント収録。

放送: 2015年(平成27年)68日(月)、夕方のニュース「RKK NEWS JUST」(18:15 - 18:55)内。1-2分程度。


(6) 2010年(平成22年)726日(月)13:00より、熊本大学理学部C401オフィスにて。RKK(熊本放送)報道部、森明子さん、TVカメラマン2名、TV収録。「金峰山を削ることによって熊本市の夏季気温はどれだけ下がるか?」について取材を受ける。Q&A他、コメント収録。

放送: 2010年(平成22年)84日(水)、夕方のニュース「NEWS LIVE くまもと」内。 午後615分から30分までの間、5分ほど。


(5) 2008年(平成20年)85日(火)15:00より、熊本大学理学部オフィスにて。KAB(熊本朝日放送)報道部、宮地麻理子さん、TVカメラマン2名、TV収録。「温暖化とはそもそも何か?」「短時間強雨の増加。温暖化との関連は?」「今後の傾向は?」「短時間強雨のほかに今後熊本で顕著になりそうな現象は?」の問いに対しコメント収録。

放送: 2008年(平成20年)86日(水)、「KAB NEWS TRAIN」内。18:28頃より5分程度。


(4) 2007年(平成19年)719日(木)10:00より、熊本大学オフィスにて。RKK(熊本放送)ラジオのミミーキャスター、市原万起子さんの取材を受ける。コリオリの力の解説を行う。

放送: 2007年(平成19年)725日(水)、9:00-12:00、RKKラジオ「とんでるワイド 大田黒浩一の今日も元気!」内


(3) 2007年(平成19年)68日(金)10:00より、熊本大学オフィスにて。RKK(熊本放送)ラジオのラジオ編成制作部、高野泰宏さん、アナウンサー、福島絵美さんとラジオ収録。梅雨時の集中豪雨の長期変化傾向、対策等の話を収録(約5分)。

放送: 2007年(平成19年)626日(火)、12:10-1300RKKラジオ「防災ラジオ1197」の時間中。


(2) 2007年(平成19)年54日(金)午前、熊本大学オフィスにて。RKK(熊本放送)テレビの報道制作局、報道部、気象予報士の森明子さんと対談。熊本市の「夏の暑さ」について、特に海風との関連について大倉さんの卒論の内容を中心に解説。


(1) 2005年(平成17年)63日(金)午後、地球環境フロンティア研究センター、横浜研究所、3階ミーティングルームにて。雑誌「ニュートン」の取材を受ける。

掲載: 雑誌「ニュートン」、20058月号、P. 108、「プラネット・アース」



講演会

(2) 2004年度地球環境フロンティア研究センター成果発表会 (Tomita, T., 2005: Biennial and Lower-Frequency Variability Observed in the Early Summer Climate in the Western North Pacific. 2005317日(木)-318日(金)、地球環境フロンティア研究センター横浜研究所)


(1) 1997年度地球フロンティア研究センター/地球観測フロンティア研究センター合同成果発表会(Tomita, T., 1998: Intercomparison of atmospheric heat sources calculated from the ECMWF and NCEP/NCAR reanalysis. 1998322日(日)-323日(月)、東京都浜松町)



獲得研究費・補助金

(7)
年度: 2019年度(令和1年度)
研究費、補助金種目: 科学研究費補助金
課題番号: 19K22876
研究種目: 挑戦的研究(萌芽)
研究課題名: 「物理モデルに基づくニューラルネットワークの開発と気象物理の探求」
研究代表者: 福井健一 
研究分担者: 冨田智彦
期間: 2年(令和1, 2年)
交付額: 6,370千円
分担金計: 1,300千円


(6)
年度: 2017年度(平成29年度)
研究費、補助金種目: 物質・デバイス領域共同研究課題
課題番号: 20171247
研究種目: 基盤共同研究
研究課題名: 「機械学習を活用した気象データ解析の高効率化と天候予測」
研究代表者: 冨田智彦
研究分担者: なし
受入教員: 福井健一(大阪大学 産業科学研究所)
期間: 3年(平成29, 30年、令和1年)
交付額: 360千円
分担金計: 360千円


(5)
年度: 2016年度(平成28年度)
研究費、補助金種目: 産学連携等研究費
課題番号: なし
研究種目: 受託研究
研究課題名: 「XRAIN及びひまわり8号観測データを用いた降雨システム解析と降雨予測手法開発に関する検討」
研究代表者: 谷口健司 
研究分担者: 冨田智彦、中村和幸
期間: 1年(平成28年)
交付額: 4,026千円
分担金計: 616千円


(4)
年度: 2010年(平成22年度)
研究費、補助金種目: 科学研究費補助金
課題番号: 22106005
研究種目: 新学術領域研究
研究課題名: 「東アジアモンスーン変動と黒潮・親潮続流との双方向作用のメカニズム」
研究代表者: 川村隆一 (研究者番号: 30303209
研究分担者: 冨田智彦、他3
期間: 5年(平成22, 23, 24, 25, 26年)
分担金計: 11,700千円
<新学術領域全体について>
年度: 2010年度(平成22年度)
研究費、補助金種目: 科学研究費補助金
研究種目: 新学術領域研究
研究課題名: 「気候系のhot spot: 熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動」(略称: 中緯度海洋と気候)
研究代表者: 中村尚(東京大学 先端科学技術センター)
期間: 5年(平成22, 23, 24, 25, 26年) 


(3)
年度: 2008年度(平成20年度)
研究費、補助金種目: 科学研究費補助金
課題番号: 20240075
研究種目: 基盤研究(A)
研究課題名: 「データレスキューによる20世紀におけるアジアモンスーン気候の復元」
研究代表者: 松本淳 (研究者番号: 80165894
研究分担者: 冨田智彦、他、10
期間: 3年(平成20, 21, 22年)
分担金計: 1,950千円


(2)
年度: 2005年度(平成17年度)
研究費、補助金種目: 科学研究費補助金
課題番号: 17540413
研究種目: 基盤研究(C)
研究課題名: 「梅雨経年変動の予測可能性について」
研究代表者: 冨田智彦 (研究者番号: 20344301
研究協力者: 安成哲三(名古屋大学)、斉藤和之(地球環境フロンティア研究センター)、
吉兼隆生(地球環境フロンティア研究センター)、日下博幸(筑波大学)
期間: 4年(平成17, 18, 19, 20年)
交付額計: 3,200千円


(1)
年度: 2002年度(平成14年度)
研究費、補助金種目: 科学研究費補助金
課題番号: 14740283
研究種目: 若手研究(B)
領域又は細分: 332(地球科学、気象・海洋物理・陸水学)
研究課題名: 梅雨の経年変動メカニズム」
研究代表者: 冨田智彦 (研究者番号: 20344301
(所属、職名: 熊本大学理学部環境理学科、講師)
研究協力者: なし
(所属、職名: なし)
期間: 3年(平成14, 15, 16年)
交付額計: 3,200千円