メンバー



研究室メンバー

平成29年度

修士2年: 

西村 尚貴

修士1年: 

白井 大雅

学部4年: 

梅木大樹、 松本直樹



学位授与

山浦 剛 
  博士(理学) (平成24年(2012年)323日授与)
  学位論文: 「Interannual Variability of the Baiu Precipitation
  (熊本大学大学院自然科学研究科 研究科長賞 受賞)
  気象予報士
  現在: 独立行政法人理化学研究所 計算科学研究機構 研究員



卒業生

30

平成293月卒: 

辻 久美子 (修士)
  卒業論文: 「黒潮域の初夏の大気海洋変動にある正の相関関係」
  修士論文: 「梅雨降水帯の形態の経年変動と関連する大規模大気循環」
楠 大誠 (学士)
  卒業論文: 「北太平洋海洋前線付近に初夏に出現する海面水温偏差の
        持続性と関連する大気海洋循環」
角本 明優 (学士)
  卒業論文: 「秋雨降水の経年変動と関連する大規模大気循環」

平成283月卒: 

築地原 匠 (修士)
  卒業論文: 「201345 – 6日に急発達した温帯低気圧に対する日本列
        島の影響」
  修士論文: 「北西太平洋と北西大西洋における爆弾低気圧の気候学的な月
        頻度分布」
日野 慎二 (修士)
  卒業論文: 「相当温位を用いた前線形成関数によって評価された2012年の
        梅雨前線の発達」
  修士論文: 「5月の梅雨前線を特徴付ける湿度勾配の経年変動」

平成273月卒: 

中野 可奈 (学士)
  卒業論文: 「梅雨前線低気圧と温帯低気圧の相違について」
西田 朋 (学士)
  卒業論文: 「北西太平洋における台風の年平均北限緯度の
        数十年規模変動」

平成263月卒: 

福田 裕大 (修士)
  卒業論文: 「準 2 年周期振動の全球変動特性」
  修士論文: 「全球中緯度対流圏に卓越する経年変動」
日高 拓哉 (修士)
  卒業論文: 「2011年梅雨季における熊本の豪雨」
  修士論文: 「福岡における梅雨季の日降水量を決める要因」
岩本 征大 (学士)
  卒業論文: 「中部ベトナムにおける秋季降水の季節内推移」

平成253月卒: 

桑水流 祐太 (修士)
  卒業論文: 「降水率の長期トレンドと関連する大気循環」
  修士論文: 「西部北太平洋夏季モンスーンの開始時における大気循環の
        長期変動特性」
平野 達 (学士)
  卒業論文: 「日本の暖冬寒冬と関連する大規模大気循環」
松永 拓也 (学士)
  卒業論文: 「日本列島の存在が梅雨前線の北進と強度に与える影響」

平成243月卒: 

関 寿子 (修士)
  修士論文: 「日本周辺での春季温帯低気圧に伴う後屈温暖前線の形
        成 - 20084月の事例より -
  卒業論文: 「夏季晴天日における熊本中心部の温度環境に及ぼす海風
        の効果」
志賀 太樹 (修士)
  修士論文: 「北半球春夏季における海面水温偏差の形成」
  卒業論文: 「北太平洋春夏季における海洋混合層深の経年変動と関
        連する大気循環」

平成233月卒: 

前田 亮太 (修士) 気象予報士
  修士論文: 「Fall Precipitation and Its Interannual Variability in Central
        Vietnam
  卒業論文: 「アジアモンスーンの凖2年周期変動成分における季節進行
        の非対称性」
酒井 陽介 (学士)
  卒業論文: 「熊本における2008年梅雨期の降水イベント」

平成223月卒: 

橋本 哲宏 (修士)
  修士論文: 「相当温位を用いた梅雨前線活動の評価」
  卒業論文: 「日本付近における梅雨の開始、終息、期間の経年変動特性」
神吉 里佳 (修士)
  修士論文: 「太平洋高気圧の形状・強度の季節変動と経年変動」
  卒業論文: 「北西太平洋における台風終息点の経年変動」

平成219月: 

坂元 勇一 (修士中退)
  卒業論文: 「海洋混合層の変動を介した大気海洋相互作用と西部北
        太平洋モンスーン開始の経年変動」

平成213月卒: 

山浦 剛 (修士)
  修士論文: 「Spatiotemporal Differences in the Interannual
        Variability of Baiu Frontal Activity
  卒業論文: 「梅雨前線活動の経年変動に見られる東西差異」

平成203月卒: 

格内 達雄 (学士)
  卒業論文: 「偏西風ジェットの2000年代の特徴」
森川 綾 (学士)
  卒業論文: 「福岡、熊本、鹿児島における気温と季節長の長期変化傾向」

平成193月卒: 

上村 梨英子 (修士)
  修士論文: 「南大西洋における大気-海洋結合系の数10年規模変動」
  卒業論文: 「1980年代と1990年代における全球降水変動の気候学的
        特徴」
秋吉 亮 (修士)
  修士論文: 「熊本市における冬季静穏晴天日の日気温変化の長期変化
        傾向」
  卒業論文: 「熊本市における静穏冬季の日気温変化の長期変化」
大倉 栄起 (学士)
  卒業論文: 「福岡、熊本、鹿児島における夏季最高気温の長期変化傾向」

平成183月卒: 

佐藤 弘康 (修士)
  修士論文: 「梅雨前線の10年規模変動-1980年代と1990年代の違い
       より-
  卒業論文: 「東アジアの梅雨期(6-7月)における80年代と90年代の
        10年規模降水量変動」
吉田 広史 (修士)
  修士論文: 「日本近海域の海面水温の長期変化傾向」
  卒業論文: 「日本近海域の冬季SSTの経年変動と関連する大気循環」

平成173月卒: 

今里 喜之 (修士)
  修士論文: 「中規模都市における静穏冬季の夜間冷却率について-
       本市と鹿児島市の事例より-
  卒業論文: 「鹿児島県吹上浜における砂の移動について」

平成163月卒: 

中島 由佳 (学士)
  卒業論文: 「Thornthwaiteの気候分類による1990年代の全球気候帯
        - 1980年代との比較より -



主な就職先

<学部卒>



気象庁福岡管区気象台

気象庁舞鶴海洋気象台


気象庁奈良地方気象台

鹿児島県警科学捜査研究所


海上保安庁

海上自衛隊(幹部候補生学校)


宮崎県都城市市役所

(株)ウェザーニューズ


(株)JALスカイ九州

松岡公認会計士事務所


済生会みすみ病院



(注: 上記はすべて就職時の名称)






<修士卒>



気象庁鹿児島気象台

熊本県県庁


神奈川県横浜市教員

熊本県大津町役場


(株)明星電気

(株)オービック


(株)富士通エフ・アイ・ピー九州

(株)富士通南九州システムエンジニアリング


(株)東芝インフォメーションシステムズ

(株)長菱制御システム株式会社


(株)MJC

(株)応用技術


(株)熊本計算センター

(株)コンベンションリンケージ


(注: 上記はすべて就職時の名称)