本文へスキップ

最新の活動報告Latest report

近年の酸化グラフェンを用いた研究に関する動向調査

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、令和2年6月に予定しておりました第14回酸化グラフェンシンポジウムの開催は中止となりました。ご登壇・ご参加を予定されていた皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

酸化グラフェンを用いた研究および特許に関する動向調査をご紹介します。

「国内の酸化グラフェンに関する特許申請状況」

「酸化グラフェンを用いた酸素還元触媒・燃料電池に関する最近の動向調査」

「酸化グラフェンを用いたリチウムイオン電池材料に関する最近の動向調査」

「酸化グラフェンを用いたスーパーキャパシタに関する最近の動向調査」

「グラフェン系材料によるウェアラブルデバイスに関する最近の動向調査」

「酸化グラフェンと層状希土類水酸化物複合材料に関する最近の動向調査


スライドは、会員様のみ閲覧することができます。タイトルよりご覧ください。
 



















































































酸化グラフェン研究会

〒860-8555 熊本県熊本市中央区黒髪2丁目39-1
TEL : 096-342-3469
FAX : 096-342-3469
E-mail:gokenkyu*kumamoto-u.ac.jp

index.htmlへのリンク