OPEN CAMPUS Faculty of Science

熊本大学理学部オープンキャンパス 催し物詳細・タイムテーブル

開始時刻を、ご確認ください

開始時刻 ①9:30 ②10:00 ③10:30 ④11:00 ⑤11:30 ⑥13:00 ⑦13:30 ⑧14:00 ⑨14:30

[理学部オープンキャンパス問い合わせ先] 熊本市中央区黒髪2丁目39−1 電話 096−342−3321(理学部教務担当)
コース タイトル 内容 説明
時間
収容
人数
会場
全体 1 「ようこそ熊本大学理学部へ」及び
「コース説明会(物理、生物、数学、化学、地球)」
熊本大学理学部で行われている教育・研究の概要を紹介します。特に入学後どのような勉強をするのかを説明します。
また、別に時間を設定して、コース毎に授業内容や研究内容を説明します。
30分 110人 2号館1階
C122
大講義室
   
2 30分 110人 2号館2階
C226
大講義室
     
3 30分 110人 2号館3階
C329
大講義室
     
4 質問コーナー 皆さんからの個別の質問にお答えします。
理学部のカリキュラムや入試など気軽に質問して下さい。
- - 2号館3階
C331
小講義室
随時、受け付けます
5 休憩室 飲食可能です。ゴミはお持ち帰りください。 - - 2号館2階
C227
中講義室
常時、開放します
進路選択支援プログラム 6 女子高校生のための進路相談会 現役女子大学生と教員があなたの進路相談にのります。受験勉強の仕方、苦手な科目の克服法、大学生活についてなど、理系に進みたい女子高校生の悩みにお答えします。 - - 2号館3階
C330
中講義室
     
(12:30迄)
 
数学 7 曲面とオイラーの公式 “オイラーの公式”というものを用いて正多面体がどれだけあるかを調べます。そして時間があればオイラーの公式と曲面上の流れとの不思議な関係を説明します。 60分 50人 3号館2階
D201
講義室
             
8 曲がった空間の図形 球面のような曲がった空間の上の直線はどのように定義したらよいのでしょうか。 球面の上の三角形の特徴付けについてお話しします。 30分 50人 3号館2階
D201
講義室
               
物理学 9 目に見えないものを見てみよう! 100万分の1ミリのスケールでの様々な物性を研究しています。AFM(原子間力顕微鏡)や電子線描画装置などの実験装置や、原子1個分の厚さのシート“グラフェン”の作り方を紹介します。 30分 10人 3号館1階
D110,
D111
教員実験室
10 レーザー励起による発光の分光測定 レーザー光を照射した物質からの発光スペクトルを測定する装置を紹介します。 30分 10人 3号館2階
D209
院生実験室
11 アモルファス物質 物質中におけるイオン伝導やアモルファス物質の性質をポスター形式で紹介します。 自由見学 なし 3号館2階
リフレッシュホール
随時、受け付けます
12 ミクロな世界を追う シミュレーションで解き明かされた固体や液体の中の原子の動きをコンピュータグラフィックスを用いて演示します。 30分 20人 3号館2階
D211
物理会議室
13 素粒子と4つの相互作用 素粒子とそれらに働く相互作用について紹介します。 30分 10人 3号館3階
D304
セミナー室
       
14 宇宙へようこそ 宇宙の研究やその基礎となる相対性理論について映像を交えて紹介します。 30分 30人 3号館3階
D314
物理セミナー室
15 超伝導の世界 超伝導-絶縁体転移など超伝導に関する研究を行っています。
マイスナー効果などのデモ実験と研究を紹介します。
30分 10人 4号館1階
D120
院生実験室
16 光と物質の関わり 色素レーザーを用いて、不純物結晶やナトリウム原子からの蛍光を観測します。 30分 15人 4号館2階
D220
量子光学
実験室
17 パルスレーザーで調べる光合成 生物の光合成を極限的な短い時間で光るパルスレーザーで調べる研究を行っています。パルスレーザーの仕組みや物理と生物部、化学とのかかわりについて説明します。 自由見学 なし 自然科学研究科・理学部総合研究実験棟
1階105号室
随時、受け付けます
化学 18 環境と化学に関する研究室の日常紹介 大学の先生や研究室の学生はどのような一日を過ごしているの?ゼミナール、研究打合せ、野外調査や化学実験等々の研究室の日常を、そのまま再現・紹介します。「よろず質問コーナー」では、君たちの先輩が大学生活や受験勉強などに関する質問にざっくばらんに答えてくれます。 20分 15人 1号館1階
C120
環境化学
実験室3
随時、受け付けます
19 夕日をつくろう
(光の話)
空の青色や夕日の赤色のしくみを実験を通してみてみます。 30分 20人 2号館3階
C331
小講義室
随時、受け付けます
20 Diels-Alder反応による炭素―炭素結合形成 有機化学でもっとも重要な反応である炭素―炭素結合形成はどのようにして行われるのかを、シクロペンタジエンと無水マレイン酸を使うDiels-Alder反応をとおして実際に体験してもらいます。大学でしかできない有機化学の実験を体験してください。 60分 10人 2号館1階
C131
化学学生実験室
         
21 色が変化する金属錯体 金属錯体には鮮やかな色を持つものが多くあります。簡単に作った金属錯体を温めたり冷やしたりして色が変わる様子を観察します。また、光を当てると色が変わる様子も観察します。 30分 30人 2号館1階
C131
化学学生実験室
22 有機物の中の電子の振る舞い 有機化合物の中の電子の振る舞いに注目すれば、身のまわりの有機物の色や発光、電気伝導性を理解することができます。色って何?発光?有機物が電気を流す? そんな疑問を一つずつ説明し、最後に「有機ELテレビ」のもとになるOLEDを紹介します。 30分 15人 2号館1階
C131
化学学生実験室
 
23 反応速度を測る 化学反応の速度定数を測定してみましょう。溶液を混ぜて色が変わるまでの時間を計ると速度定数が求まり、反応機構を知る手がかりが得られます。 30分 8人 2号館1階
C131
化学学生実験室
地球環境科学 24 化石の世界 アンモナイトや三葉虫、小型爬虫類などの化石を展示・紹介とプランクト ンなどの微化石観察を行います。 設けない 10人 2号館2階
C239
地球変遷学共通実験室
随時、受け付けます
25 サンゴ礁と地球環境 サンゴ礁は、その美しさで我々の心を癒してくれるだけでなく、そこには地球表層環境の変化が様々な形で記録されています。サンゴ礁とそこに棲む生物たち、ならびにそれから読み取る地球環境変動について紹介します。
設けない 10人 2号館2階C239
地球変遷学共通実験室
随時、受け付けます
26 火山噴火シミュレーション(1) 身近な食材や道具を用いて火山現象を再現します(入浴剤火砕流,小麦粉カルデラ形成実験,チョコレート溶岩流)。室内展示もあります。 20分 15人 2号館3階
C341
地球物質科学共通実験室
       
27 火山噴火シミュレーション(2) コーラ噴火実験:コーラに溶け込んでいるガスを強制発泡させて噴火を再現します。 20分 30人 理学部1・2号館中庭            
28 偏光顕微鏡で見る鉱物の不思議 偏光顕微鏡を使えば,鉱物の結晶が示す様々な色と形を通して地球の内部や原始太陽系で起こった出来事を知ることが出来ます。岩石,隕石の観察や結晶を作る実験を通して,岩石や鉱物からそれらを読み取る手がかりを紹介します。 設けない 15人 2号館3階C341
地球物質科学共通実験室
随時、受け付けます
29 ミネラルウォーターの起源を探る 世界のミネラルウォーターの水質や安定同位体組成を分析し、水源地の場所や地質との関係を調べる。硬水、軟水の味の違いや、熊本の水との違いを飲み比べてみましょう! 20分 10人 自然科学研究科・理学部総合研究実験棟2階202質量分析室
生物学 30 顕微鏡で見るさまざまな植物 海藻やコケ植物・高等植物を用いて葉緑体や植物のストレス耐性能などの研究を行っています。研究に用いている遺伝子組み換え植物をお見せするほか、緑色蛍光タンパク質(GFP)の蛍光観察をしていただきます。また、葉脈標本つくりも体験していただきます。 30分 15人 1号館2階
C212
植物分子生物学実験室
1号館2階
C213
生物学
実習室2
31 RNA分子生物学ってなに? 酵母、培養動物細胞、アフリカツメガエルを用いて、遺伝子が働く際のRNAの機能について研究しています。蛍光顕微鏡で細胞内におけるDNAやRNAの様子をお見せしたり、アフリカツメガエルのいくつかの段階の胚を見ていただきます。 30分 10人 1号館3階
C315
顕微鏡解析室
     
32 オスとメスの不思議 生物の性(オスとメス)は、遺伝的背景や環境要因により決定されます。このオスとメスが決まる仕組みについて紹介します。また、私たちが実験に使っている「光るメダカ」をお見せします。 30分 20人 1号館3階
C306
生物会議室