熊本大学 理学部

理学部について

学部長あいさつ

さぁ、一緒に自然の理(ことわり)を楽しみ
その謎を解き明かしましょう!!

熊本大学理学部長 谷 時雄

熊本大学理学部長 谷 時雄

 理学は「自然の理(ことわり)を明らかにする」学問です。生命、物質、宇宙などの自然界に潜む原理、法則を見いだす能力と、様々な事象を不思議に思い、「なぜ?」を問い、考える姿勢を涵養する教育。理学部教育の大きな特徴がそこにあります。それは、旧制第五高等学校を母体として1949年(昭和24年)に熊本大学理学部が発足した当初からの基本理念でもあります。社会に飛び立った理学部出身者の多くは、「自然の理(ことわり)を問う」視点を身につけています。その視点が時として独創的発想を産み出し、それぞれの場所で多くの方が活躍しています。研究においても、応用的成果という明白な単一の終着点を当初念頭におかない理学的な基礎研究こそが、サイエンスに大きなブレークスルーをもたらし、それが社会に役立つ今までにない応用研究へと繋がっています。

 理学部では、平成16年度から独自の教育システム「理学部理学科一学科による教育プログラム制」を導入しました。入学後、最初の2年間に数学や理科(物理、化学、生物、地学)の全科目を一通り学修し、3年次へ進級する際に、数学、物理学、化学、地球環境科学、生物学の5つのコースの中から希望のコースを選び進級します。更に4年次では、卒業研究を行い「自然の理(ことわり)」の謎解きに挑戦します。ですので、理学部の卒業生は、数学や理科を幅広く学び理学の基礎を築いた後、さらに各分野の専門を深く学修しています。そして、様々な課題や新たな知の創造に対応できる論理的思考を備えた人材として、幅広い多くの企業から迎え入れられています。また、国際化が著しい現代社会において、理学的思考を備えたリーダーとして活躍できる人材を育てるため、平成29年にグローバルリーダーコースを設置致しました。

 熊本大学理学部で過ごす4年間が、皆さんにとって充実した日々となって大きく成長できるように、我々全ての教職員が全力でサポート致します。さぁ、理学部で自然の理(ことわり)を楽しみ、未来に繋がる大いなる謎を一緒に解き明かしましょう!