本文へスキップ


10周年のあいさつ
 私たちの研究グループは平成21年(2009年)に熊本大学大学院自然科学研究科理学専攻化学講座に速水研究室(物性化学研究室)を立ち上げてから今年度で10周年を迎えます。
 これも一重に、諸先生方、関連各所の皆様方の御陰と深く感謝いたしますと共に、節目として初心を大事にし、今後もグローバルを視野に入れた、研究のトレンドを創るべく、世界に向け邁進し続けていきます。
 研究室発足当初は、金属錯体の機能物性化学を中心に研究を行ってまいりましたが、 直後に酸化グラフェンを配位高分子錯体の有機配位子として着目し研究をスタートしました。2013年に酸化グラフェンのプロトン伝導に関する研究を皮切りに二次元材料に関するエネルギーデバイスや触媒に関する研究領域を広げ、現在では金属錯体と材料科学の境界領域の研究を行っています。また昨年度は一つの目標として掲げていた論文数200本を超えることができました。 (参照)
 これからも常に新たな研究のトレンドを創るべく、スタッフ、学生とともに日々励み精進していく所存であります。今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。          




研究方針
私たちの生活を豊かにし便利にしている機能性材料。
色、電導性、誘電性、磁性、蛍光性、液晶性、触媒能、、、 挙げていくとキリがありません。
私たちのグループでは、金属錯体などの分子性化合物、酸化グラフェンや配位高分子といった二次元層状化合物に焦点を当てて、究極の“機能性”材料と呼べる化合物に出会うべく、化学的、物理的視点から日々研究しています。


OB・OGの方へ
OB・OGの方はこちらから

行事・講演会等



研究活動



連絡先
〒 860-8555
熊本県熊本市中央区黒髪2-39-1
TEL. 096-342-3469 (速水)
   096-342-3373 (中村)
   096-342-3385 (大谷)